インド仕様「スズキ ワゴンR」が日本でも売れそうなコンパクトカーだった【日本にない日本車】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
インドでは圧倒的な支持を集めているスズキ。そんなスズキが1999年にインド市場へ投入したワゴンRは、ユーザーから高い評価を得ており、インドの国内で売れている自動車トップ10に入り続けている人気モデルだ。

2019年12月にはワゴンRの初代発売から20周年を迎え、2回のモデルチェンジを行い3世代の累計販売台数は240万台を突破している。

そんなインドで人気のワゴンRだが、実は日本仕様のワゴンRとはまったく違うクルマなのだ。しかし、ボディサイズやパワートレインなど日本にもピッタリで魅力は満載。そんな日本でも売れそうなインド仕様のワゴンRを紹介していこう。

>>日本でも売れそう! インド仕様ワゴンRの内外装を写真で見る[全16枚]

日本仕様より少し大きいだけじゃない? インド仕様のワゴンRとは

インド製のワゴンRは、2019年1月にフルモデルチェンジを行った。3代目となる新型では、新プラットフォーム[HEARTECT(ハーテクト)]を採用。従来モデル比で全幅を145mm拡大し、力強く安定感のあるデザインに刷新。広い室内空間を実現するなど、従来モデルから現在のニーズに合わせて改良が加えられている。

エクステリア

インド製ワゴンRのボディサイズは、全長3655mm×全幅1620mm×全高1675mmと、日本仕様のワゴンRより全長260mm、全幅145mm大きい程度。スズキ スイフトに比べると全長は200mm程度短くコンパクトだ。ホイールベースは2435mm、最小回転半径は4.7m。

フロントフェイスは、羽のように滑らかな形状にレンズ内で上下に分かれたデザインのヘッドランプや、水平2本ラインによってシャープに表現されたクロームグリルバーが特徴。

またサイド・リアビューもダイナミックな形状のCピラーが特徴的だが、全体的にさっぱりとしたデザインだ。

インテリア

インテリアは落ち着いた雰囲気だが、インパネはエネルギッシュをテーマにデザインされており、Xを意識させる立体的な造形となっている。

そのインパネの中央には、タッチスクリーンが装備されており、最新の車載コネクティビティとして、「SmartPlay Studio」と呼ばれるインフォテインメントシステムが採用されている。

ナビゲーション機能や周辺情報の検索、ニュースのチェック、燃費などの車両情報、最新音楽の再生に加え、Apple CarPlay、Android AutoでスマホとのBluetooth接続も可能だ。

リアシートは、60:40分割可倒式を採用。搭乗人数や荷物の大きさに合わせて複数のアレンジが可能となっている。また5名乗車時でも26~40リットルのスーツケースを4つ並べて収納できる広々とした荷室も備えている。

パワートレイン

エンジンは定評のある1.0Lガソリンエンジンに加え、よりパワフルな1.2Lガソリンエンジン、さらに新開発の天然ガス「S-CNG」も設定されている。1.0Lエンジンの燃費は21.79km/L、1.2Lは20.52km/L、S-CNGは天然ガス1kgあたりクラス最高の32.52kmの走行が可能だ。

インドでの価格は日本円で約65万円。現時点では日本で販売されるというアナウンスはないが、日本で売るなら先進安全機能などが追加され、もう少し価格は上がるだろう。

それでも大きさやスペックなど日本でも人気となりそうなクルマではないだろうか。

スズキ/ワゴンR
スズキ ワゴンRカタログを見る
新車価格:
109.9万円177.7万円
中古価格:
5.5万円3,545万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スズキ ワゴンRの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ワゴンRのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ワゴンRの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ワゴンRの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ワゴンRのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる