新型WRX、デザインやスペックに不満の声「これはSTIへの前振りか!?」【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
スバルは2021年9月10日(金)、新型WRX(ダブルアールエックス)」の2022年モデルを米国にて世界初公開した。インプレッサ時代から数え4世代目となる新型では、レヴォーグや新型レガシィ アウトバックに似た外観や内装を備え、パワートレインには水平対向4気筒 2.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。米国では2022年発売を予定している。ここでは、そんな新型WRXについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. 7年ぶりにフルモデルチェンジした新型WRX
  2. 新型の登場には好意的ながら、デザイン面では批判的な声が多数
  3. エンジンスペックもまた不満の声
  4. ファンは日本仕様やSTIに期待を寄せる

7年ぶりにフルモデルチェンジした新型WRX

1992年の初代「インプレッサWRX」誕生以来、実用性を備えつつ、圧倒的なスポーツ性能で個性的なパフォーマンスカーとして、多くのファンから支持されてきたスバル WRX。

7年ぶりにフルモデルチェンジした新型WRXでは、最新のスバルグローバルプラットフォームとフルインナーフレーム構造で高剛性化したシャシー&ボディを採用し、走りと動的質感を飛躍的に向上させている。

搭載するパワートレインは、水平対向4気筒2.4リッター直噴ターボエンジン(最高出力271馬力)に、6速MTに加え、新制御ソフトウェアで変速レスポンスを革新的に高めた「Subaru Performance Transmission(SPT:スバル パフォーマンス トランスミッション)」が組み合わされる。

新型WRXのエクステリアは、ヘキサゴングリルを起点とした立体的で彫りの深い造形、ワイド&ローを強調するフロントバンパーのデザインや力強く張り出したフェンダーを備える。

また、フロント・リヤフェンダーのスポーツサイドガーニッシュやサイドシルスポイラーなどには、空気の流れを整えるヘキサゴンパターンの空力テクスチャーを採用。フロントフェンダー後部、リヤバンパー後部にはエアアウトレットを設け、コーナリング時や高速走行時の操縦安定性を両立させている。

黒を基調としたインテリアは、インストルメントパネル中央に、さまざまな機能を集約した大型で高精細のセンターインフォメーションディスプレイを配置。一部グレードには新設計・新デザインのRECAROシートを採用している。

新型の登場には好意的ながら、デザイン面では批判的な声が多数

そんな新型WRXについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

コアなファンが多いWRXだが、

「まだまだこんな車を出してくれることは、車好きとしてはうれしい」

「WRXを発売すること自体は賞賛したい」

と新型の登場には好意的な声が挙がっている。

一方で、その内情としては、様々な意見が挙がっている。中でも最も過熱しているのがデザイン面についての声。

「このデザインは残念。ワクワクしない」

「ズングリしていてカッコ悪い」

「カッコよくない。外観だけなら先代の方がスッキリしてていいと思う」

「デザインがイマイチ。先代の方がかっこいいと思うのはフォレスターもインプレッサも同じ」

「現行の方が滲み出る色気があって魅力的」

「なぜ先代よりもカッコ悪くなるのか」

これら酷評する声が後を絶たない。特に、

「樹脂のフェンダーはない」

「フェンダーを車体同色にして欲しい」

「こんなSUVみたいなフェンダーの車は乗りたくない」

「なぜSUVテイストを入れてきたのか?」

と、目立った樹脂パーツに不満を表す声が一定数見受けられた。その他には、

「完全にレヴォーグのセダンって感じ」

「レヴォーグと酷似してて新鮮味がない」

といった声も。

エンジンスペックもまた不満の声

さらに、デザイン面に負けず劣らず不満の声が多かったのが、搭載するエンジンスペックについての声。

「275馬力って…」

「デザインもダサいしエンジンも非力」

「2.4リッターターボにしては控えめな出力」

「EJ20に見切りを付けたことは痛かった」

「このエンジンスペックはSTIへのフリか?」

とWRXには相応しくないスペックとする声が非常に多く挙がっている。中には、

「日本仕様のスペックはもっと上がるの?」

「国内仕様ではもう少しマシになることを祈る」

と日本仕様ではアップグレードを切望する声が少なくない。

ファンは日本仕様やSTIに期待を寄せる

これらデザインやエンジンスペックに不満の声が集中する中、ファンの間では早速、

「新型購入を検討していたが、市販モデルを見てガッカリ」

「これまでWRXを2台乗り継ぎ、新型も本気で検討していたが今回はなし」

といった声までも挙がっている。そうした中、

「日本仕様はさすがにもっと手を入れてくることに期待している」

「STIはデザインやスペックなど、期待を裏切らないパッケージを求める」

「STIではスバルの本気を見せてほしい」

と、一縷の望みをかける声があるのも事実。

新型WRXの米国での発売は2022年の予定。そのほか、日本デビューの時期は今のところ明らかにはなっていないが、果たしてファンの望む姿となって登場するのか? 引き続き、今後の展開に注目だ。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

スバル/WRX
スバル WRXカタログを見る
新車価格:
416.9万円474.1万円
中古価格:
129万円908万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル WRXの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル WRXのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル WRXの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル WRXの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル WRXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる