【レガシィ アウトバック新旧比較】アイサイトXの搭載など内装の質感がより高まった!

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
スバルが2021年10月7日に発表したフラッグシップSUVの新型レガシィ アウトバック。7年ぶりにフルモデルチェンジされ、6代目となった。エクステリアデザインはキープコンセプトのため大きな変更はないが、インテリアや装備などは大幅に刷新された。

今回はレガシィ アウトバックの新旧モデルの比較を敢行。最大の違いはボディサイズだ。

目次[開く][閉じる]
  1. 【サイズ・外装比較】ボディサイズは大幅拡大し、外装はSUVらしさをより高めた
  2. 【内装比較】11.6インチのフルHD大型ディスプレイを備え上質なインテリアに
  3. 【新旧先進安全装備比較】アイサイトXを標準で装備!
  4. 新型は2グレードを用意! 価格は414万7000円から

【サイズ・外装比較】ボディサイズは大幅拡大し、外装はSUVらしさをより高めた

新型アウトバックはボディサイズが拡大し、全長4870mm×全幅1875mm×全高1675mm。従来モデルが全長4820mm×全幅1840mm×全高1660mmだったのに比べて全長、全幅、全高いずれもサイズが大きくなっている。

デザインは既存のコンセプトを保ちつつSUVらしさを高めた

エクステリアデザインは大きく変化してはいないが、スタイリッシュなデザインに厚みや力強さを強調したボディパネルと、一体感を増したクラッディングを組み合わせることで一目見ただけで感じられるアクティブさとタフさを表現。

フロントには大胆なデザインのヘキサゴングリルを採用した。LEDヘッドライトは従来モデルよりやや小ぶりながら、スバル車に共通するコの字のクリアランスランプを備える。フォグランプの形状も変更された。

【内装比較】11.6インチのフルHD大型ディスプレイを備え上質なインテリアに

インテリアはデザインや質感が大きく変更された。11.6インチのフルHD大画面ディスプレイを搭載したナビゲーションシステムを採用する。

乗る人すべてがゆったりくつろげる居心地の良い室内空間でアウトバックらしさを表現。

また、ハーマンカードンサウンドシステムやナッパレザーの本革シートを採用することでフラッグシップクロスオーバーSUVとしての上質感を演出した。スマートフォン感覚で快適に操作できるHMIを採用。「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応する。

ダウンサイジングしたエンジンを搭載

搭載するエンジンは2.5リッター水平対向4気筒からダウンサイジングした1.8リッター水平対向4気筒直噴ターボに変更。

新型に搭載されるエンジンの最高出力は177馬力/5200-5600rpm、最大トルク200Nm/1600-3600rpmを発揮する。

【新旧先進安全装備比較】アイサイトXを標準で装備!

安全性能も高まった。旧型はアイサイトVer.3を搭載していたが、新型ではアイサイトに加えてツーリングアシストハンズオフが使用できる新世代「アイサイトX」を標準装備。先行車追従操舵や全車速追従機能付クルーズコントロールなどを組み合わせることでアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストする便利機能だ。

また、ドライバーモニタリングシステムを搭載しており、運転手の顔を覚えて設定したシートポジションやドアミラーなど、乗り込んだ際の煩わしい操作を簡略化できるほか、運転手の脇見や居眠りを予防することもできる。

新型は2グレードを用意! 価格は414万7000円から

新型のグレード構成は「X-BREAK EX」と「Limited EX」の2つを設定しており、価格(税込)はX-BREAK EXは414万7000円、Limited EXは429万円。

Limited EXはメッキ加飾のフロントグリルや切削光輝の18インチアルミホイールなど高級感のあるスタイルが特徴だ。また、撥水ポリウレタンシートも標準装備。表面についた水分が染み込みにくいシート表皮でアクティブシーンで活躍する。

ハンズフリーオープンパワーリヤゲートをLimited EXに標準装備、X-BREAK EXをメーカーオプション設定とした。リヤゲートの六連星オーナメント部のセンサーに肘など体を近づけることで両手がふさがっていてもリヤゲートを開けることができる。

また、サーフボードやカヌーなどを搭載しやすいクロスバータイプルーフレールをLimited EXに、クロスバータイプに比べて最大積載荷重を向上することでさまざまな荷物を載せられるラダータイプルーフレールをX-BREAK EXに採用した。

生まれ変わった新型アウトバック。こうして比較すると、より装備の上質さが高まっているように感じる。ボディサイズは大型化したものの、新エンジンや安全性能も高めたことで使いやすい一台に仕上がっていると言えるだろう。

【筆者:MOTA編集部】

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル レガシィアウトバックの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レガシィアウトバックのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レガシィアウトバックの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レガシィアウトバックの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レガシィアウトバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる