autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/第十一回 聖地「ニュル」にエコカーは居るのか!?

エコカーの真相 2011/9/21 13:14

エコカーの真相/第十一回 聖地「ニュル」にエコカーは居るのか!?(1/3)

Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
エコカーの真相/第十一回 聖地「ニュル」にエコカーは居るのか!?

ニュルでは果たして日本のエコカーは走っているのか?

「TMG(トヨタ・モータースポーツ社)が8月30日、独ニュルブルクリンクでレース専用EV(電気自動車)「TMG EV P001」で、EVにおける最高タイム(7分47秒79)を樹立!」

「F1やルマンで実績のある、あのTMGが、ついにEVの世界に本格参入!」

そんなニュースを聞いた6日後の9月5日(日)、実際にニュルに行ってみた。

同日は、午前9時45分から午後7時までニュルのノルドシュライフェ(北フルコース/全長20.8km)は一般走行可能、とニュルのホームページに載っていた。

しかし現地では、午後2時まで団体による貸切状態だった。そのため、自慢のスポーツカーを持ち込んできた多くのドライバーが「速く、走らせろ!」とイライラしながら、開門の時を待っていた。

その間を利用して、集まっている500台ものクルマたちを見学に行った。TMGのEVが登場した今、ニュルでは果たして「エコカー」が増えたのであろうか?

ところが、そんな期待はあっさりスッ飛んでしまった!

まず、日産「リーフ」、三菱「i-MiEV」はいない。これは当然だ。サーキットで全開走行しようものなら、これら2モデルの巡航可能距離は40~50km程度にまで落ちてしまう。つまり、ニュルを2周しか走行できないのだ。

しかも、急速充電器があるわけもなく、売店の電源で充電するわけにもいかない。

ならば、せめてトヨタ「プリウス」はどうだろう?二代目「プリウス」の改造車は? さらには、日本ではエアロパッケージが人気のホンダ「インサイト」やスポーティな「CR-Z」は?

そうした期待もNG。結局、エコカーらしきクルマはゼロだった。

筆者がニュルまで走ってきたクルマは、マツダ「6(日本名:アテンザ)ディーゼル」。クリーンディーゼルの普及などもあり、日本で考える「ディーゼル車」はエコカーなのかもしれない。

ここでスポーツ走行を待っている車両のなかにも、ディーゼル車はいるだろう。

しかし、ディーゼル車の普及率自体が50%以上(一般乗用車)を占める中央ヨーロッパでは、ディーゼル車はエコカーとは認識されていないのだ。

では、ニュルに詰めかけている連中は、一体どんなクルマたちなのか?

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR