慶応義塾大学 清水浩教授インタビュー 第2弾(1/3)

  • 筆者: 森口 将之
  • カメラマン:オートックワン編集部
慶応義塾大学 清水浩教授インタビュー 第2弾
慶応義塾大学 清水浩教授 (左)清水浩教授/(右)森口将之氏 慶応義塾大学 清水浩教授 慶応義塾大学 清水浩教授 慶応義塾大学 清水浩教授 慶応義塾大学 清水浩教授 モータージャーナリスト 森口将之氏 (左)清水浩教授/(右)森口将之氏 慶応義塾大学 清水浩教授 慶応義塾大学 清水浩教授 Eliicaのプラットフォーム 画像ギャラリーはこちら

清水浩教授へ読者からのEVに関する質問をぶつけてみました

2010年は“EVの年”だ。

法人向けだけに販売展開をしていた三菱i-MiEVが、今年からいよいよ一般販売を開始する。

同時に、プリウス・プラグインハイブリッドが法人向けにリースを開始、そして12月には日産リーフが販売をスタートするなど、徐々にではあるが、今年は各社EV時代へ向けて、足並みを揃えはじめる年になる。

シムドライブ(SIM-Drive)設立発表会

そんな中、我々一般庶民の間でも、EVという未来の自動車への関心度が高まりを見せている。

そこでオートックワンでは、当サイト読者からEVへの疑問を募り、今日本におけるEVの最先端事業を展開するシムドライブ社の清水浩社長(慶應義塾大学教授)に向けて、集まった質問をぶつけてみた。

充電時間や走行距離、または値段や電池の耐久性など、現段階では素朴な疑問が多いのだが、中には電池の素材や資源に関しての専門的な質問も寄せられており、確かに庶民のEVへの関心の高さは、今後のEVのさらなる発展の際、無視できない素材になるのではと考えられる。

慶応義塾大学 清水浩教授へのインタビュー

清水教授、今日はお忙しいところありがとうございます。試作車プロジェクトも順調なようですね!

早速ですが、オートックワンで清水教授への質問を募ったところ、たくさんのEVに関する質問が寄せられました。今回はその中から一部を、ご紹介いたしますので、お答えいただければと思います。よろしくお願いいたします。

質問:EVのバッテリーの寿命は何年で、距離にして何kmぐらいでしょうか。また交換費用はバッテリー代と工賃、それぞれどの程度でしょうか。(カツーンさん)

慶応義塾大学 清水浩教授

清水教授:シムドライブのEVは、満充電で300km走行可能です。バッテリーに使うリチウムイオン電池の寿命は年々伸びています。

最近東芝が開発したSCiBは6,000回の充電が可能ですから、300×6000で180万km走れます。車体を上回る寿命を持つわけですから、交換の必要はありません。

質問:シムドライブのEVは満充電で300km走れるそうですが、それが400kmぐらいになる日はくるのでしょうか。バッテリーをラジコンカー並みに小さくすることは可能でしょうか。(ヤマグチさん)

清水教授:バッテリーのエネルギー密度は現在100Wh/kgですが、将来的にはこれを150Wh/kgまで上げることができます。シムドライブのEVは300㎞走行可能ですから、同じ電池の搭載量で450kmの走行が可能になります。逆に航続距離が同じなら重さは2/3になります。さすがにラジコン並みはむずかしいですが。

質問:EVは使用頻度によってバッテリーの寿命に差が出てくると思うのですが、毎日乗る場合と、1~2ヶ月に1回程度しか乗らない場合では、どちらのほうが長持ちするのでしょうか。(ソイジョイ納豆味さん)

清水教授:先ほど紹介したSCiBでは、充放電を6000回繰り返しても性能劣化はほとんどありませんから、一般ユーザーの使用状況では差は出てこないでしょう。

1 2 3 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

森口 将之
筆者森口 将之

1962年東京都生まれ。モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト。自動車専門誌の編集部を経て1993年フリーに。各種雑誌、インターネット、ラジオなどのメディアで活動。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる