脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!【ペーパードライバー女子、11年ぶりの挑戦 Vol.3】(1/2)

運転のきっかけづくりのために、箱根で神社巡り!

こんにちは。11年間まともに運転せず、実力の伴わないゴールド免許を手にしているおおしまです。

今年の目標は脱ペーパードライバー!そのためカーシェアリングなどに登録し、ちまちまと運転することを自分との約束にしているのですが、やはり運転を習慣にするには、クルマで出かける楽しい目的を作らないと続きません。

それなら都内から少し足を伸ばして、クルマで大好きな神社仏閣巡りをしまくろう! そう思い、今回は縁結びで有名な、箱根神社と九頭龍神社に行ってきました。

◆[写真]ドキドキワクワク!? な箱根ドライブの模様

11年ぶりの高速道路!「私の後ろに1台、いる…かも」

今回は東京〜箱根(芦ノ湖)という、私にとってかなりの長距離移動になるため、途中で挫折してもドライバー交代ができるように、トヨタレンタカー様で友人と2人で乗車登録。トヨタ アクアを借りました。

前回カーシェアリングで乗った日産 ノートとの違いも体感しながら、いざ出発! といきたいところですが、スタート地点である練馬区は、平日でもかなりの交通量。

都内一般道のごちゃごちゃした運転がまだ怖かったので、高速道路までは、運転に慣れている友人にお願いしました。いきなりヘタレ炸裂!

スタート時から弱腰ですが、取り寄せたピカピカのETCカードを挿入し、ドライバーも交代。いざ高速道路で運転開始です。

とはいえ、1番事故が多いといわれる合流で、早速テンパる!

「ちょ、まっ、まっまっ、合流平気ですか? 本当に平気? え? え? え?」

合流地点で不安になり、どもりだした私。友人に「大丈夫だよ! 大丈夫! ほら右見てー」となだめられながらアクセルを踏み込みます。

ちなみに、なぜミラーがあるのに合流で不安になるのかを弁解すると、自分の後ろにピタッともう一台クルマがついている…気がする。という強迫観念が常にあるのです。

サイドミラーで後続車や隣のレーンのクルマを確認したら、普通はOKと判断するでしょう。でも心配性の私は「もし、自分のクルマの真後ろに1台クルマがピタッとくっついて走っていたら、気づかない。ぶつかる可能性がある! どうしよう!」と、無性に心配になってしまうのです。

まあバックミラーを見れば解決する話なのですが、バックミラーを見る余裕がなかったり、見るまでの間不安になってしまうのです。

煽られて。心揺らされて。箱根新道

今回のルートは、東京インターチェンジ(用賀出入口)まで一般道で移動し、そこから東名高速道路に入り、道なりに小田原箱根道路、箱根新道へと進み、芦ノ湖を目指します。

ミーハーな筆者は途中海老名サービスエリアで名物のメロンパンをかじりながら運転交代を提案しますが(早い)、可憐にスルーされ、ゆっくり目的地へと走らせます。

高速運転で最も不安だったのが、昨今問題になっている煽り運転の類です。さすがに高速道路は左車線をゆっくり走っていたので煽られることはありませんでしたが、箱根新道は片道一車線。ゆっくり走っていると(といっても法定速度です)、気づいたら後続車がズラッと並んでおり、小心者としてはテンパってしまいます。

一時的に発生する追い越しレーンに余裕があれば入りますが、あんまり距離があるわけではないので、焦って入れないこともしばしば。

「ごめんなさい。ごめんなさい」と車内でぶつぶつ呟きながらも、最終的には「今私を追い越したって、この先に遅く走ってるトラックいるから、意味ねーけどな!」と、逆ギレ気味に悪態をつくように。情緒不安定な女って怖いですね。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
おおしま りえ
筆者おおしま りえ

<恋愛ジャーナリスト・イラストレーター>10代より大手ゲーム制作会社や水商売、プロ雀士など多くの業種業界を渡り歩き、のべ1万人の男性を接客。コミュニケーション術や心理学を学び、本人も気づかない本音を見抜く力を身につけ、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。 大学時代はジムカーナを楽しむクルマ女子でもある。現在潜入ルポやエッセイ執筆などを大手メディアにて執筆中。【ブログ:http://oshimarie.com / Twitter:https://twitter.com/@utena0518】記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる