autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!【あなたのクルマ、乗らせてください Vol.3】

自動車評論家コラム 2019/3/25 12:30

脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!【あなたのクルマ、乗らせてください Vol.3】(1/2)

Text: おおしま りえ Photo: おおしま りえ
脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!
脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!画像ギャラリーはこちら

運転のきっかけづくりのために、箱根で神社巡り!

こんにちは。11年間まともに運転せず、実力の伴わないゴールド免許を手にしているおおしまです。

今年の目標は脱ペーパードライバー!そのためカーシェアリングなどに登録し、ちまちまと運転することを自分との約束にしているのですが、やはり運転を習慣にするには、クルマで出かける楽しい目的を作らないと続きません。

それなら都内から少し足を伸ばして、クルマで大好きな神社仏閣巡りをしまくろう! そう思い、今回は縁結びで有名な、箱根神社と九頭龍神社に行ってきました。

◆[写真]ドキドキワクワク!? な箱根ドライブの模様

11年ぶりの高速道路!「私の後ろに1台、いる…かも」

脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!

今回は東京〜箱根(芦ノ湖)という、私にとってかなりの長距離移動になるため、途中で挫折してもドライバー交代ができるように、トヨタレンタカー様で友人と2人で乗車登録。トヨタ アクアを借りました。

前回カーシェアリングで乗った日産 ノートとの違いも体感しながら、いざ出発! といきたいところですが、スタート地点である練馬区は、平日でもかなりの交通量。

都内一般道のごちゃごちゃした運転がまだ怖かったので、高速道路までは、運転に慣れている友人にお願いしました。いきなりヘタレ炸裂!

脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!

スタート時から弱腰ですが、取り寄せたピカピカのETCカードを挿入し、ドライバーも交代。いざ高速道路で運転開始です。

とはいえ、1番事故が多いといわれる合流で、早速テンパる!

「ちょ、まっ、まっまっ、合流平気ですか? 本当に平気? え? え? え?」

合流地点で不安になり、どもりだした私。友人に「大丈夫だよ! 大丈夫! ほら右見てー」となだめられながらアクセルを踏み込みます。

ちなみに、なぜミラーがあるのに合流で不安になるのかを弁解すると、自分の後ろにピタッともう一台クルマがついている…気がする。という強迫観念が常にあるのです。

サイドミラーで後続車や隣のレーンのクルマを確認したら、普通はOKと判断するでしょう。でも心配性の私は「もし、自分のクルマの真後ろに1台クルマがピタッとくっついて走っていたら、気づかない。ぶつかる可能性がある! どうしよう!」と、無性に心配になってしまうのです。

まあバックミラーを見れば解決する話なのですが、バックミラーを見る余裕がなかったり、見るまでの間不安になってしまうのです。

煽られて。心揺らされて。箱根新道

脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!
脱ペーパードライバー! 長距離ドライブで箱根神社まで!

今回のルートは、東京インターチェンジ(用賀出入口)まで一般道で移動し、そこから東名高速道路に入り、道なりに小田原箱根道路、箱根新道へと進み、芦ノ湖を目指します。

ミーハーな筆者は途中海老名サービスエリアで名物のメロンパンをかじりながら運転交代を提案しますが(早い)、可憐にスルーされ、ゆっくり目的地へと走らせます。

高速運転で最も不安だったのが、昨今問題になっている煽り運転の類です。さすがに高速道路は左車線をゆっくり走っていたので煽られることはありませんでしたが、箱根新道は片道一車線。ゆっくり走っていると(といっても法定速度です)、気づいたら後続車がズラッと並んでおり、小心者としてはテンパってしまいます。

一時的に発生する追い越しレーンに余裕があれば入りますが、あんまり距離があるわけではないので、焦って入れないこともしばしば。

「ごめんなさい。ごめんなさい」と車内でぶつぶつ呟きながらも、最終的には「今私を追い越したって、この先に遅く走ってるトラックいるから、意味ねーけどな!」と、逆ギレ気味に悪態をつくように。情緒不安定な女って怖いですね。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR