凍った湖の上で氷上ドライブの“いろは”をお勉強! 「2019 iceGUARD6 & PROSPEC Winter Driving Park」今年も開催(1/3)

  • 筆者: 磯田 薫
  • カメラマン:オートックワン 編集部

凍った湖を愛車で走行! それってどんな非日常体験?

「うおお、あのクルマ滑ってる滑ってる!」

あちらこちらで、氷の上を車が滑りながら走行している。一般の道路であればそれなりの大惨事になりそうなものだが、ここではそうならない。それどころか、皆楽しそうに愛車と格闘している…。

ーーーーーー

自動車イベント会社「プロスペック」が手掛けるイベント「2019 iceGUARD6 & PROSPEC Winter Driving Park」が今年も長野県・女神湖で開催されました。このイベントは、冬の間凍っている女神湖の湖面に車を下ろし、普段なかなか体験できない氷上での運転を楽しもうというもの。参加者は氷上での安全かつ正確な操作を目指して、朝から夕方まで運転を楽しみます。

今回、オートックワンからは私、新米編集部員Iが参加し、氷上走行を行いました。実際に“滑りまくった”体験を余すことなくお伝えします。

バラエティ豊かな3コースを自由に走行

今回、会場に設営されたコースは全部で3つ。練習できる内容が異なっており、参加者は自分の行きたいコースを自由に選べる形式がとられていました。各エリアごとにプロドライバーが常駐していて、愛車をプロのレーシングドライバーに運転してもらうことや、助手席からアドバイスを貰うことも可能です。

コースごとの特徴を、プロドライバーの方々による氷上走行時のコツと合わせて紹介いたしましょう。

ハンドリングエリア

ここでは、大小様々なコーナーで構成されたミニコースを走ることができます。氷の表面そのままの箇所だけでなく、薄っすらと雪が積もってグリップ力にムラのある箇所も存在するなど、コーナーだけでなく路面状態もバラエティ豊かです。

森岡史雄選手(ハンドリングエリアを担当)の解説

氷上走行では、先読みする「目線」が大事。緊張すると目線が手前に行きがちですが、そうすると車体が滑り始め得たことに気づくのが遅れますし、次のカーブへ何キロで侵入して良いのか分からなくなってしまいます。だからコーナーを曲がる時、僕は既に次のコーナーの出口を見ています。先読みすることで、車体の状態をマネジメントすることが出来るのです。

また、氷上で運転練習をできるこういったイベントでは、どれくらいハンドルを切るとアンダーステアになるのか見極める練習もすると良いですね。ハンドルを切る中で「ここまでは曲がるんだな」「ここから前輪が滑り出すんだな」という感覚を養うと良いと思います。

氷上での走行イベントでは、モータースポーツ風に走って楽しむことだけでなく、日々の安全運転に活かすこともできます。また、アスファルトでは時速100キロ以上出さないとわからないクルマの限界も、時速10キロ~20キロで感じ取ることが可能です。

運転技術の基本に立ち返ることができることや、新しい発見を得られることが魅力ではないでしょうか。

アクセルワークエリア

中央に置かれたパイロンの周りをドリフトしながら走行する「定常円旋回」を行うコース。氷上のため限界が非常に低いことから、通常のスタッドレスタイヤでも簡単にドリフト状態へ持ち込むことができます。

岸剛之選手(アクセルワークエリアを担当)の解説

ハンドルを深く切りながら徐行すると分かるのですが、氷上では4WDでも10キロ程度で前輪が滑り始め、アンダーステア傾向が出始めます。これが普段の走行と違うポイントですね。

氷上で定常円旋回を行う際、常にホイールスピンはさせ続けるよう意識しましょう。ハンドル操作はあくまでドリフトのきっかけづくりです。また、アクセル操作はできるだけ一定の回転数を維持するよう意識してください。

他エリアと同様に、「早め」「丁寧」な操作が必要です。例えば、エンジンをふかし過ぎたと思っても、そこから急にアクセルをオフにするのではなく、少しずつ戻してあげる。急に操作してもダメなので、気をつけてください。

今回は非常に過酷な状況で運転練習をしているので、これを経験していれば普段の雪道もラクに感じると思います。

ブレーキング&スラロームエリア

氷上でのフルブレーキングとスラローム走行を楽しめるコース。前半のブレーキングゾーンでは、愛車の装着するタイヤの性能がどれほどのものかを体感することができます。後半のスラロームゾーンでは、氷上ということもあり操作が遅れれば遅れるほど車が外へ膨らんでしまうため、気が抜けません。

小西重幸選手(ブレーキング&スラロームエリアを担当)の解説

氷上では、とにかく操作を丁寧にすることが絶対必要。また、早めの段階で様々な運転操作を行うことが大切です。1テンポどころか、3テンポぐらい早くても良いですね。

安全運転から一歩踏み込んで、スポーツドライビングの観点からいうと、リアが滑り出す感覚を掴むことも重要です。(取材車の)スバル レヴォーグの場合、タイヤが滑っている状態でも、基本はアンダーステア傾向。

しかし、雪で前輪が少し引っかかるタイミングがあると、車の鼻先が内側を向き始めることがあります。そこでアクセルを踏み込むと、クルマがより内側を向き始めるわけです。こういった挙動も楽しめますね。

果たして、新米編集部員Iは女神湖を攻略できるのか?

というわけでコースの走行方法について解説を受けた後、今回イベントに持ち込んだレヴォーグに乗り込み早速コースのスタートラインへ。

一応、“雪国”新潟出身の筆者。アイスバーンの経験はほぼないものの、湿っぽい雪や、消雪パイプでビシャビシャになった雪の路面は経験済み。生意気にも氷上走行も何とかなるだろう、と過信していました。

ところがどっこい。そこには、想像を超える難路面が待ち構えていたのです。

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者磯田 薫
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる