autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート ポルシェにも認められた韓国タイヤメーカーが新たに日本に挑む理由

イベントレポート 2018/1/31 10:09

ポルシェにも認められた韓国タイヤメーカーが新たに日本に挑む理由(1/4)

Text: 吉澤 憲治 Photo: 吉澤 憲治/ネクセンタイヤ ジャパン
ポルシェにも認められた韓国タイヤメーカーが新たに日本に挑む理由
ポルシェにも認められた韓国タイヤメーカーが新たに日本に挑む理由ポルシェにも認められた韓国タイヤメーカーが新たに日本に挑む理由ポルシェにも認められた韓国タイヤメーカーが新たに日本に挑む理由ポルシェにも認められた韓国タイヤメーカーが新たに日本に挑む理由画像ギャラリーはこちら

世界の自動車メーカーが注目するタイヤブランド 今その中枢へと潜入する!

自動車メディアに生きる者として、最近、“ネクセンタイヤ”という言葉を耳にする機会が増えているように思う。いや、耳にするだけではない。徐々にではあるが自動車業界の中では、実際に注目が高まっているのだ。この記事を目にしたあなたは、きっとタイヤに関心のある方だと思う。ネクセンタイヤがどこの国のメーカーで、どんなタイヤを作っているかはとても気になるだろう。

今回は、そんなネクセンタイヤの中枢である最新鋭工場を取材。日本では未知でも、今世界が注目するその“ワケ”をレポート。早速ご覧いただきたい。

日本では馴染みはないが、創業75年を迎える老舗タイヤメーカーが韓国に存在した!

ポルシェにも認められた韓国タイヤメーカーが新たに日本に挑む理由

新年明けて早々、ネクセンタイヤジャパンより、工場視察ツアーへの招待を受けた。ネクセンタイヤは、間近に迫る冬季平昌オリンピックで盛り上がるお隣韓国のブランドだ。向かう先は韓国南部の町チャンニョン。

1942年にフンアゴム工業として誕生したネクセンタイヤは、1987年にミシュラン、1991年にはオーツタイヤ(現 住友ゴム ファルケン)と技術提携を組むなど、積極的に品質重視の生産ノウハウを取り入れてきた。ネクセンタイヤへの社名変更は2000年。さらなる品質重視を掲げて生産体制を徹底強化。今年で創業75周年を迎えた。

韓国国内に限らず今やグローバルでも多くの信頼を集めるブランドへと急成長を遂げたネクセンタイヤ。さらなる発展へ向けて日本市場でも2016年から豊田通商とのジョイントベンチャーとして本格始動を開始。まだ僅か2年足らずのせいか、多くの人にあまり馴染みがないのは仕方がない。

ネクセンの韓国内でのシェアは第3位、世界シェアは18位と、韓国以外の国では、今のところ知る人ぞ知る存在というのも事実。しかし、このブランド、何かが違う。シェア自体は高くないのだが、その評判はすこぶる良い。

取材陣も未だ見ぬモノへの期待で胸が高鳴る。ここぞとばかりに詳しい情報を得ようと同行いただいたネクセンタイヤジャパンの方に質問を投げるが、返答は決まって“見ていただければわかります”とばかり。記者としては何とももどかしい限りだ。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR