慶応義塾大学 清水浩教授インタビュー(1/2)

  • 筆者: 森口 将之
  • カメラマン:オートックワン編集部
慶応義塾大学 清水浩教授インタビュー
インタビュー中の清水浩教授 インタビュー中の清水浩教授 インタビュー中の清水浩教授 (左)清水浩教授/(右)森口将之氏 森口将之氏 シムドライブ(SIM-Drive)設立発表会 (左)森口将之氏/(中)Eliica(エリーカ)/(右)清水浩教授 Eliica(エリーカ) Eliica(エリーカ) 車体構造 プラットフォーム 画像ギャラリーはこちら

30年にわたる独自のEV研究

クルマの研究をしているのは自動車メーカーだけではない。官公庁から中小企業まで、さまざまな立場の人々がクルマと向き合っている。

インタビュー中の清水浩教授
(左)清水浩教授/(右)森口将之氏森口将之氏

大学も例外ではない。むしろ電気自動車(EV)の分野では、近年大学絡みのニュースが多いことに気づく。その主役といえるのが、30年にわたり独自に研究を行ってきた慶応義塾大学の清水浩教授だ。

「EVの研究は、大学に来る前から始めていました。以前いた環境省国立環境研究所で、大気汚染測定機器のレーザーレーダーを開発していたんですが、測定はできても改善はできない。そこで、大気汚染を改善できる電気自動車に取り組み始めたのです」

まもなく清水教授は量産車ベースのEVを製作するが、そこであることに気づく。既存の自動車のエンジンをモーターに換えただけでは効率が悪い。EVにはガソリン車と違うパッケージングが必要だと確信したのだ。

「だから2号車以降は、車輪のなかにモーターを入れるインホイールモーターを採用しました。また、慶大にきた1997年に発表したルシオールでは、角断面フレームの内部に電池を内蔵しました。これにより、エンジンルームや燃料タンクに相当する空間が必要なくなったのです」

Eliica(エリーカ)

こうしたテクノロジーを用いて、2004年に製作されたのがエリーカだ。

「EVは遅い」という噂を払拭すべく、8モーターの8輪車としたエリーカは、EV史上最速の370㎞/hをマークしたことでも有名だ。僕も少しだけドライブさせてもらったことがあるが、その発進加速はこれまで体験したどの市販車よりも強烈で、EVの実力を教えられた。

清水教授はエリーカを生産販売することも考えたというが、同車に試乗し感銘を受けたベネッセコーポレーション福武總一郎会長の助言もあって、社会貢献という道を目指す。

ガリバーインターナショナルなどの賛同を受け、自身が社長を務める新会社シムドライブ(SIM-Drive)を今年8月に設立したのだ。

1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

森口 将之
筆者森口 将之

1962年東京都生まれ。モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト。自動車専門誌の編集部を経て1993年フリーに。各種雑誌、インターネット、ラジオなどのメディアで活動。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる