話題のドゥカティ「スクランブラー」をイッキ乗り!(1/2)

話題のドゥカティ「スクランブラー」をイッキ乗り!
画像ギャラリーはこちら

話題のスクランブラーを800ccモデル・400ccモデル一気に試乗!

昨年の試乗会ではデビュー前ということもあり展示だけに留まっていたドゥカティの『スクランブラー』ながら、今年は最初に販売された800ccの他、最近追加の400ccモデルも出展されていた。

外観ほぼ同じながら、排気量2倍!4輪車で言えば1500ccと3000ccを同じボディに搭載しているようなもの。果たして乗るといかに?

まず800ccの『アイコン』から試す。

エンジン形式はLツイン。Vツインとドコが違うのかと言えば大きく二つ。

Vの場合、バンク角は自由。60度でもいいし、120度だってOK。されどLなら90度が限定です。もう一つ。真横から見るとLツインは前方のシリンダーが前方向に寝ており、右側から見ると『L』字に見える。だからLツインなのだった。

バルブの駆動は伝統的にギアトレインを使う『デスモドロミック』。スプリングに頼らず強制的にバルブを駆動するのだけれど、今やドゥカティの「名物」みたいなもの。乗って解る違いは無い。日本仕様の最高出力75馬力。フロントサスに倒立式&ラジアルマウントのブレンボ製ブレーキを採用している。前後サスKYB製です。少し残念。

走り出すと最近のドゥカティに共通する扱いやすさ+低い回転域からドコドコとトルク出すエンジンが気持ちよい!

乾燥重量170kgと軽いこともあり、早めにシフトアップしていっても十分加速してくれる。取り回しだって良いから、近所の足として使ったってストレスを感じないだろう。もちろんコーナリングだって素直!

乗り心地はKYB製ダンパー使っているため、日本車的です。

1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は最短3時間後、最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる