autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ 新型911 試乗レポート/河村康彦

試乗レポート 2011/12/15 17:21

ポルシェ 新型911 試乗レポート/河村康彦(1/3)

関連: ポルシェ 911 Text: 河村 康彦 Photo: ポルシェ・ジャパン
ポルシェ 新型911 試乗レポート/河村康彦

一見すると変わらないが、実はオールニューのエクステリア

ポルシェ 新型911 カレラSポルシェ 新型911 カレラS

9月に開催されたフランクフルトモーターショーのスターとなったポルシェの新型911を、早速テストドライブした。

国際試乗会が開催されたのは、世界で最も大きなスポーツカー・マーケットである、アメリカは西海岸沿いのカリフォルニア。

今回用意されたテスト車は「まずは、新型911が備える高い走りのパフォーマンスを存分に味わって欲しい」という理由から、そのすべてが3.8リッターエンジンを搭載している「カレラS」で統一されていた。

「走りに磨きを掛けるための様々なオプション装備を装着すると、デュアルクラッチ式トランスミッション“PDK”仕様のカレラSで、7分40秒というニュルブルクリンク旧コースのラップタイムをマークする」というのが、新型911のひとつの売り文句。

実際、今回用意されたテスト車両の多くも、カレラとしては初となる“ダイナミック・エンジンマウント”と組み合わされ、PDK仕様ではローンチコントロール機能も上乗せとなる“スポーツクロノ・パッケージ”や、911シリーズとしては初めて用意されたアクティブ・スタビライザー“PDCC”などがオプション選択されていた。

ポルシェ新型911画像ギャラリー←噂の新型911がこれだ!

ポルシェ 新型911 カレラS
ポルシェ 新型911 カレラSポルシェ 新型911 カレラS

どこからどのように目にしても、「明確な911のカタチ」をアピールする新型911。

しかし、コードネーム991型と称されるこのモデルに従来型が近寄ると、100mm延長されたホイールベースや20インチという大径ホイールなどが作り出すスリークさや、よりスリークになったサイドのウインドウ・グラフィックなどから、「やはり991型が新しい」という印象は意外なまでに明白だ。

一方、インテリアではそんなエクステリアのデザイン以上に新旧の差は明らか。

パナメーラ同様、「カレラGTのデザインにヒントを得て」というフレーズと共に採用されたのが、ダッシュボード中央から比較的高い位置で左右を分断しつつリアへの流れを見せるセンターコンソール。

そんな新しい“見せ場”が、5連メーターやドア側レイアウトのイグニッションシリンダーなど歴代モデルにも採用されて来た“遺産”と共に同居をしているのが新型911のインテリアデザインなのだ。

ポルシェ 新型911 カレラSポルシェ 新型911 カレラSポルシェ 新型911 カレラSポルシェ 新型911 カレラSポルシェ 新型911 カレラS

ポルシェ新型911画像ギャラリー←噂の新型911がこれだ!

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ポルシェ 911 の関連編集記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連編集記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR