autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産360試乗レポート ピックアップトラック編/九島辰也

試乗レポート 2013/10/15 18:55

日産360試乗レポート ピックアップトラック編/九島辰也(1/2)

日産360試乗レポート ピックアップトラック編/九島辰也

世界を席巻するSUVも、ピックアップトラックあってこそのものだった

日産 360
日産 360日産 360

いまでこそ世界を席巻するSUVだが、90年代の半ばまではそれほどメジャーな存在ではなかった。ブームになったのは97年以降。メルセデスが「Mクラス」をアメリカ向けに投入した。そして翌年モノコックボディを使ったトヨタ「ハリアー」が、さらに99年にはBMW「X5」が市場導入され、世界中の注目を集めた。

それまでのSUVはというと、おもにアメリカ製。シボレーやフォード、ダッジのピックアップのベッド部分を覆い、そこにセカンドシートやサードシートを載せたのがその正体となる。つまり、ピックアップトラックあってこそのSUVだったのだ。

なぜそんな話をするかというと、先日の“日産360”でアメリカで売られる日産ピックアップトラックに乗る機会を得たからだ。“日産360”についてはすでに他のレポーターが記事掲載しているので多くを語らないが、簡単に言うと世界で売られている日産車に一気乗りできるメディア向けの国際試乗会である。

アメリカでは珍しいビッグ3以外のフルサイズピックアップが登場

日産 360
日産 360日産 360

そこでまず目にしたのが「タイタン」である。他のメディアが次期スカイラインとなるインフィニティをチェックしている頃、タイタンのステアリングを握っていた。というのも、このクルマはアメリカでは珍しいビッグ3(デトロイト3?)以外のフルサイズピックアップ。トヨタ「タンドラ」とこいつだけがその牙城に食い込んでいる。他のメーカーがそこに目を向けないのは関税が高いからだ。アメリカでは輸入乗用車が2.5%なのに対し、輸入トラックは25%の関税がかけられる。なので、日産もトヨタも現地生産という手を取ってそれをクリアしている。

では、その走りだが、まずエンジンがすばらしい。ボンネットの下には5.6リッターV8が鎮座する。日本にいると、「日産はV8を止めたのか?」となるが、いやいやどうして、まったくもって健在である。しかもパワーは317hpと抑えながらも低回転から大トルクが発生する頼もしい走りを見せる。ドーンという加速ではないが、アクセルに対して浮き上がるボンネットは迫力十分。レーシーなイメージの「タンドラ」とは違う仕事グルマとしての誇りを感じた。ある意味プロスペックである。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 タイタン の関連編集記事

日産 タイタンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 タイタン の関連編集記事をもっと見る

日産 タイタン の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR