旧車王が旧車に興味を持っているユーザーを対象に大調査!旧車好きはEVについてどう思ってる?


~旧車王が旧車好きユーザーの生の声を調査~

旧車に特化した買取サービス「旧車王」を運営するカレント自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:江頭大介)は、旧車に興味のある167人を対象に、旧車好きに聞くEVに関するアンケートを実施いたしましたので、その調査結果をお知らせいたします。






調査背景

最近では自動車各メーカーが挙ってEVモデルを発表し、自動車業界全体でEVの普及へ足並みを揃え始めています。その一方で旧車の人気も高まっていて、ガソリンエンジンをこよなく愛する方も多くいるわけです。

そこで旧車王では実態を知るべく、旧車好きの方にEVについてどう思っているのか、選択肢を用意し調査いたしました。


調査対象

・調査期間:自社調査
・調査対象:旧車に興味のある男女167名
・調査期間:2022年6月16日~2022年6月26日
・調査方法:インターネット調査
・調査内容:Q1.将来的にEVに乗りたいですか?旧車に乗り続けたいですか?※2010年式以前の車を旧車と定義 Q2.EV化した旧車に乗ってみたいと思いますか?※2010年式以前の車を旧車と定義 Q3.乗ってみたいと思うEVはどれですか?※なしの方はなしを選択してください。


調査概要

Q1.将来的にEVに乗りたいですか?旧車に乗り続けたいですか?※2010年式以前の車を旧車と定義



旧車好きの方に将来的にEVに乗りたいと思うかを聞いたところ、 旧車に乗り続けたい 46.1%わからない 29.3%将来的にはEVに乗りたい 24.6%という結果になりました。

旧車好きの方はやはり将来的にも旧車に乗り続けたいという方が多く、エンジンのファンが多いようです。しかし、わからないと回答している方も多くいることから、今後旧車好きも惹かれるようなEVが出てくれば検討する可能性があるのかもしれません。

Q2.EV化した旧車に乗ってみたいと思いますか?※2010年式以前の車を旧車と定義



旧車好きの方にEV化した旧車に乗ってみたいかを聞いたところ、 いいえと答えた方が58.7%はいと答えた方が31.1%わからないと答えた方が10.2%という結果でした。

旧車をEV化することで、もともとのエンジンがモーターになるため、旧車の味が失われてしまうと考える方が多いのかもしれません。

しかし、はいと答えた方も31.1%いることから、旧車をEV化したものに興味がある方も一定数いることがわかりました。旧車のEV化はまだ一般的でなく、費用もかかることからあまり広まっていませんが、今後EVの普及につれ選択肢が広まっていくかもしれません。

Q3.乗ってみたいと思うEVはどれですか?※なしの方はなしを選択してください。


1位:なし 79票

2位:ポルシェ タイカン 14票

3位:ホンダ Honda e 8票

4位:アウディ e-tron 7票

5位:トヨタ bz4x 6票

※上位5位までを抜粋


旧車好きに乗ってみたいEVについて聞くと、最も多かった回答は、なしが79票でした。

2位はポルシェ タイカンで14票が入りました。やはり世界屈指のスポーツメーカーが出した初の100%電気自動車ということで、気になっている方が多いのではないでしょうか。

3位はホンダから2年前に登場したシンプルでかわいらしいコンパクトEV、Honda eに8票が入りました。欧州への供給に力を入れているモデルのため、日本ではあまり走っている姿を見ないですが、それも乗ってみたいと思う理由のひとつかもしれません。

4位はアウディ e-tronが7票、5位はトヨタ bz4xが6票という結果になりました。


調査まとめ

今回の調査で、意外にも将来的にはEVを検討している旧車好きの方がいるとわかりました。しかし、やはり旧車に乗り続けたい、乗りたいと思うEVは特にないと答える方も多く、旧車の根強い人気がうかがえる調査結果となりました。旧車をEV化することに興味を示している方も一定数いることから、今後の旧車の在り方にも注目です。

旧車王では、日々変化していく旧車関連のユーザー傾向や市場の情報をお届けしてまいります。


旧車王とは

旧車王は旧車に特化して21年以上の旧車専門の買取サービスで、全国どこでも無料出張査定で素早く車の売却ができることが特徴です。年式や走行距離、グレードのみで査定をするだけでなく、機関系の状態や足回りの状態、下回りの錆やステアリングの状態、車台番号とエンジン番号の確認などあらゆる情報を確認する「鑑定」によって旧車の高価買取を実現しております。特にスポーツカーや特殊なモデル、希少車を得意としており、お客様の愛車に対する想いまでを汲み取り、自動車文化遺産を次世代へつないでいくための橋渡しをしています。

◆旧車王: https://www.qsha-oh.com/


カレント自動車とは

カレント自動車株式会社は「カーテックで自動車再生メーカーへ」というビジョンを掲げ、価値ある中古車を修理修復して価値を上げて、市場に再流通させる事業をおこなっております。当社は2000年から自動車アフターマーケット業界において取扱いの難しいクルマに特化して、周辺事業を多角的に展開してきました。買取~パーツ供給~修理~販売(卸し/小売)まで全て自社内で完結できることが強みです。そして、この自動車再生事業を当社のもう一つの強みであるITを使って強力に推進しています。どんどん新車を買ってどんどん廃車にする、というハイパー消費時代は終わりをつげ、循環型社会に世の中は変わろうとしています。中古車の活用が今後もっと広がり、社会が良くなっていくよう今後も活動してまいります。

◆カレント自動車株式会社: https://www.currentmotor.co.jp/


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる