シートベルトの非装着は致死率約12倍!後部座席シートベルト着用してますか?

画像ギャラリーはこちら
平成20年(2008年)6月に後部座席のシートベルト着用が義務化され12年。後部座席のシートベルト着用率は、毎年50%を上回る数値で推移している。令和元年における後部座席シートベルト着用率は、一般道路67.3%、高速道路90.3%と過去最高の数値を記録したが、一般道路における着用率は決して高くない。

>>シートベルト非装着の怖さを画像でチェック

過去最高の着用率だが、定着していない後部座席シートベルト

令和2年2月13日に警視庁交通局が公開した「令和元年における交通死亡事故の発生状況等について」によると、後部座席のシートベルト着用義務化が開始された平成20年(2008年)以降、後部座席シートベルト着用率は最高の数値となった。特に、高速道路における後部座席シートベルト着用率は90%を越えており、高速道路での後部座席シートベルト着用は定着してきているといえるだろう。しかし、一般道路においては70%を下回る数値で推移していることから、一般道路における後部座席シートベルト着用の定着率はいまひとつだ。

危険性は高速道路で約11.7倍、一般道路で約3.3倍にアップ

過去10年(平成22年~令和元年)の後部座席シートベルト着用・非着用別致死率を見てみると、高速道路では、シートベルト着用で0.29%、非着用で3.37%。一般道路では、シートベルト着用で0.16%、非着用で0.52%。つまり、高速道路では約11.7倍、一般道路では約3.3倍に致死率がアップする。

高速道路のみならず、一般道路でも後部座席のシートベルトを着用がいかに命を守ることに繋がるのかは一目瞭然。これから春のレジャーシーズンを家族全員で楽しむためにも、全席シートベルトの着用を意識したいものだ。

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる