ニュルブルクリンク北コース8分切り! ミニ史上最速モデルが登場

画像ギャラリーはこちら
ビー・エム・ダブリューは、全世界限定3000台のみを生産するMINI史上最速モデルとなる「MINI John Cooper Works GP(ミニ ジョンクーパーワークス ジーピー)」の予約注文の受付を2019年11月20日から開始し、2020年夏頃より順次納車を開始する。日本には限定240台の導入となる。価格は576万円(消費税込み)。

>>サーキットの本格走行にも耐えうる走行性能! ミニ John Cooper Works GPの内外装を画像で見る(13枚)

目次[開く][閉じる]
  1. 306PSを発揮するミニ史上最高のパフォーマンスモデル
  2. ドライビングダイナミクスについて
  3. 最大限のエアロダイナミクスを実現するデザイン
  4. レーシングスタイルを備えた内装
  5. ミニ John Cooper Works GP の主な装備内容

306PSを発揮するミニ史上最高のパフォーマンスモデル

今回のモデルに搭載される2リッター4気筒エンジンは、ミニ John Cooper Worksモデルに搭載のエンジンをベースに改良を加え、とりわけ、サーキット走行において最高のパフォーマンを発揮する、最新のMINIツインパワーターボエンジンである。

またクランクシャフトやベアリング、ピスント、コネクティングロッド、バイブレーションダンパーを最適化し、オイル供給やクーリングシステムを見直すことにより、最高出力を75PS(55kW)高め、最高出力306PS (225kW)、450Nmの最大トルクを1750rmpで発揮し、0-100km/h加速は僅か5.2秒、最高速は265km/hに到達することを可能にした。

ドライビングダイナミクスについて

ミニ John Cooper Works GPに搭載の8速スポーツオートマチックトランスミッションは、トルセンLSD(機械式リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)と組み合わされ、サスペンションはミニ ジョンクーパーワークス モデルより10mm下げ、スポーツブレーキシステムを採用している。エンジンマウント、ボディ構造、フロントアクスルからリアアクスルに至るサスペンションシステムの構造を再設計し、さらにボディ剛性を高めた事によりミニ John Cooper Works GPは、サーキットにおける走行性能を最大限まで高められている。

最大限のエアロダイナミクスを実現するデザイン

ミニ John Cooper Works GPは、歴代のGPモデルの遺伝子と卓越した運動性能をこれまで以上に強く、色濃く再現している。ボディカラーは、専用に開発された「レーシンググレーメタリック」を採用し、見る角度によってライトグレーからブルーバイオレットへと移り変わることで、力強さと深みを生み出し、ルーフとミラーキャップのメルティングシルバーが鋭いアクセントとなっている。

またワイドなトレッド、大きなフロントエプロン、張り出したホイールアーチカバーを備えたフロントデザインと、車両正面からも見えるリア・スポイラーが、妥協のないダイナミックなパフォーマンスを想起させる、存在感のあるシルエットを形成している。ボンネット上のエアスクープや、「GP」のロゴがあしらわれたラジエターグリルなど、ジョンクーパーワークス特有の装備がスポーティな印象を強調する。

サイドに装備されたホイールアーチカバーは、軽量素材であるカーボンファイバーを使用してハンドメイドで成型され、あえて繊維の編込みが見えるデザインとなっている。

リアの大型のリアスポイラーは、スポーティな全体のスタイリングを形成しながら、圧倒的な走行性能を支える空力性能を備え、下部中央に目を引くように配置されたクラシックなステンレススチール製ダブルテールパイプは、ジョンクーパーワークスのDNAを体現している。

レーシングスタイルを備えた内装

内装は、ミニ John Cooper Works GPの名に相応しく、レーシングスタイルを採用しており、先代モデルと同じくリアシートを装備せず、フロントシートの後ろにはクロスバーのみをシンプルに採用することで、レースの雰囲気を演出している。

ダークカラーとレーシングモデルに相応しい素材の組合せ、そして所々にアクセントとして装備されている高品質なパーツによって、スポーティさと上質さを融合させた贅沢な空間となっている。

またミニ MINI John Cooper Works GPには、六角形の模様が刻まれた金属性のシフトパドルや、ステアリングホイールのスポーク部と助手席周りのインテリアトリムストリップなど、3Dプリンターによって成形したパーツを採用している。そしてトリムストリップには各車両固有のシリアルナンバーが刻印されている。

ミニ John Cooper Works GP の主な装備内容

■最高出力306PS (225kW)、最大トルク450Nmを発揮する高性能エンジン

■トルセンLSD搭載の8速スポーツオートマチックトランスミッション

■軽量鍛造18インチホイール及び、225/35スポーツタイヤ

■専用サスペンションとキャンバー角の最適設定化

■スポーツブレーキシステム

■ボディカラー「レーシンググレーメタリック」

■カーボン製ホイールアーチカバー

■専用リアスポイラー

■専用デジタルメータークラスター

この記事の画像ギャラリーはこちら
日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ミニの最新自動車ニュース/記事

ミニのカタログ情報 ミニの中古車検索 ミニの記事一覧 ミニのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる