autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、新型カローラ生産に向け米国ミシシッピ工場を刷新…1.7億米ドルを投資

自動車ニュース 2018/4/27 10:56

トヨタ、新型カローラ生産に向け米国ミシシッピ工場を刷新…1.7億米ドルを投資

トヨタ 新型カローラハッチバック(米国仕様)
TMMMS

トヨタの北米事業体であるToyota Motor North America(TMNA)は、ミシシッピ州ブルースプリングスにあるToyota Motor Manufacturing Mississippi(TMMMS)で行われたビジター・トレーニングセンターの鍬入れ式において、1.7億米ドルを投資し工場を刷新することを発表した。

>>新型カローラハッチバックを画像で見る

本投資は、TNGA*をベースとした新型カローラの生産に向け、より先進的な車両をより効率的に生産するとともに、市場のニーズにより適切に対応するために、現在の生産ラインを刷新するもの。なお、TMMMSでは、TNGA導入に加えカローラの生産量増加に対応するため、今後12か月の間に約400名を新規に雇用する。

今回の1.7億ドルの投資は、2017年初に発表した今後5年間における米国への100億ドルの投資計画の一環であり、これまでに発表した投資額の合計は約42.7億ドルにのぼる。また、トヨタは昨年米国事業60周年を迎え、米国社会・経済・文化に深く根差した事業活動を展開するなか、これまでの米国における直接投資額は約250億ドルに達している。

なお、今回鍬入れ式を行ったミシシッピ工場のビジター・トレーニングセンターは、2019年11月にオープンする予定。

*Toyota New Global Architectureの略で、トヨタが全社を挙げてグローバルに取り組むクルマづくりの構造改革。パワートレーンユニットやプラットフォームなどを一新し、全体最適を考え新開発することにより、クルマの基本性能や商品力を飛躍的に向上させることを目指す

各コメント

▽TMMMSの社長であるショーン・サッグス氏

「工場刷新により、さらに迅速に的確に需要に対応できるようになります。我々のチームメンバー、そしてミシシッピ州とのパートナーシップを誇りに思います。約400名の新たなチームメンバーとともに、ご愛顧くださるお客様のために、より多くのカローラをお届けできるようになることを嬉しく思います」

▽ミシシッピ州のフィル・ブライアント知事

「トヨタは10年以上にわたり、ブルースプリングス、そしてミシシッピ州の大切なパートナーであります。地域との一体感を醸成しようとするトヨタの決意は、継続的な事業への投資と地域における慈善活動に表れています。今回の投資と数百名の新規雇用は、次世代のためにブルースプリングスを発展させたいというトヨタの想いを裏付けるものです」

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ カローラアクシオ の関連編集記事

トヨタ カローラアクシオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カローラアクシオ の関連編集記事をもっと見る

トヨタ カローラアクシオ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR