autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ルノーが新型SUV「カジャー」を発売…価格は347万円

自動車ニュース 2018/4/5 12:56

ルノーが新型SUV「カジャー」を発売…価格は347万円

ルノー 新型カジャー

ルノー・ジャポンは、CセグメントSUVの新型カジャーを、2018年4月12日(木)から発売する。価格は347万円(消費税込)。

なお、2017年8月には、新型カジャーの発売に先立ち、限定車「カジャー Bose」を100台限定で販売しているが、今回から正式にカタログモデルとして導入されることになった。

関連記事>>ルノー、2018年の本格導入に先立ち新型SUV「カジャー」特別モデル100台を先行販売

フォトギャラリー>>新型カジャーの内外装デザインを画像で見る(45枚)

新型カジャーのエクステリアの特長

新型カジャーは、ダイナミックさと力強さに加え、情熱と洗練を感じさせるフレンチスタイルのデザインを特徴としている。フロントには、ルノーデザインを象徴しデイタイムランプとして機能するCシェイプLEDヘッドランプ、フルLEDヘッドランプ、リアにもLEDランプを装備し、最新の他のルノーモデルと同様にブランドと個性を際立たせている。

新型カジャーのボディサイズは、全長4455mm、全幅1835mmに対し、全高が1610mmと低くスポーティなプロポーションながら、最低地上高200mm、アプローチアングルは18°、デパーチャーアングルは28°となっている。高い最低地上高、大きなアプローチ&デパーチャーアングル、ボディ下部全周をカバーするボディプロテクターが、SUVであることを強調している。

新型カジャーのインテリアの特長

ルノー 新型カジャー

新型カジャーの内装は、前席シートヒーター付レザーシート、ナパレザーステアリング・シフトノブ、ダブルステッチインナーハンドルを採用することにより上質感を高めている。運転席は、ドライビングポジションの微調整が可能な電動シートとした。

また、気分に合わせてカラーや表示を自在に変更できる、フルカラーTFTのメーターパネルを採用。表示できるカラーは、レッド、ブルー、ブラウン、グリーン、パープルの5色で、メーターパネル中央の画面には、スピードメーター、タコメーター、オーディオ、運転支援システム(ADAS)を表示することができる。

この他、機能的で使い勝手の良いユーティリティ、マルチメディアや運転支援システム(ADAS)の設定を直感的に行える7インチマルチファンクションタッチスクリーンなどが、ロングドライブを安全に、快適にサポートする。

そして、カジャーには、 一緒にヴァカンスに出かける家族や友人の人数や、荷物の量に合わせて、最適なスペースを作り出せるラゲッジとリアシートが備わっている 。6:4分割可倒式リアシートは、 ラゲッジ両サイドにあるハンドルを引くと、それぞれ別々に簡単に倒すことができる。

1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載

ルノー 新型カジャー

新型カジャーには、1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載。最高出力は131ps/5500rpm、最大トルクは205N・mで、オーバーブースト機能により2,3速の低速域でのトルクが増大し、2リッタークラスの加速感を味わうことができる。

組み合わされるトランスミッションは、2組のクラッチシステムを持つ電子制御7速AT(7EDC)。このトランスミッションは、変速スピードが速く、ダイレクト感に優れ、エンジンからの力を効率良く路面に伝えることができる。また、新たに湿式多板クラッチを採用したこのトランスミッションは、小型で、大トルクへも対応できる性能を持っている。

運転支援システム(ADAS)

ルノー 新型カジャー

新型カジャーには、2台のカメラ、12個のセンサー、そしてミリ波レーダーで車両の周辺状況をリアルタイムで分析し、安全なドライブをサポートする、運転支援システム(ADAS)が搭載されている。この運転支援システム(ADAS)は、R-Link2で設定・操作する。

◆LDW(Lane Departure Warning/車線逸脱警報)

フロントカメラで車両前方の白線を検知し、車線をはみ出しそうになった場合、ブザーで注意を促す。約70km/h以上で作動。音量(5段階)と、感度(3段階)が設定可能。

◆BSW(Blind Spot Warning/後側方車両検知警報)

4つの超音波センサー(前2個、後2個)が、ドライバーから見えにくい死角の車を検出し、隣接車側のドアミラー内のLEDインジケーターで注意を促します。LEDインジケーターは死角に車が近づくと点灯し、ウィンカーを出すとより注意を促すため点滅する。約30~140km/hで作動する。

◆オートハイ/ロービーム

対向車や先行車をカメラのセンサーが検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える。約40km/h以上で作動する。

◆エマージェンシーブレーキサポート(アクティブブレーキ)

フロントバンパー内のミリ波レーダーが、新型カジャーと前方車両の距離を検出し、衝突の可能性が高まると警告灯やブザーにより、ドライバーに回避操作を促す。警告の後、ドライバーが減速しない場合は、自動でブレーキをかけ、ドライバーに減速操作を促す。ドライバーがブレーキをかけても減速が不十分な場合、システムはブレーキ力を20~30%程度アシストする。ドライバーがブレーキをかけない場合は、自動的に緊急ブレーキを作動させて(最大2秒間)、衝突時の被害を軽減します。約30~140km/hで作動する。

◆イージーパーキングアシスト

12個の超音波センサーが駐車可能なスペースを検出し、ステアリング操作を自動で行い、車庫入れや縦列駐車をサポートする。ドライバーは、7インチマルチファンクションタッチスクリーンの表示を見ながらアクセル、ブレーキ操作をするだけで、縦列駐車(出入りとも)、垂直方向、斜め方向のバックでの車庫入れを安心して行うことができる。

ドライバーの運転をサポートするルノーR-Link2

ルノー 新型カジャー

ルノーR-Link2は、センターコンソールの7インチマルチファンクションタッチスクリーンで、マルチメディア操作や車両をコントロールするシステムである。

◆マルチメディア

ラジオ、Bluetooth/USB/AUXへの接続を介した再生、保存された写真へのアクセス、ビデオの再生。

◆車両の機能設定

タッチスクリーン/メーターパネルのカラー選択、パーキングセンサー設定、運転支援システム(ADAS)/イージーパーキングアシスト設定、Drivingeco2(燃料消費を節約する運転の指南)。

◆電話

Bluetoothによるハンズフリー通話、電話帳へのアクセス、受信した音声メッセージ/テキストメッセージへのアクセス。

◆ミラーリング

スマートフォンに搭載されたAndroidAuto(アンドロイド端末)や、Apple CarPlay(iPhone)を介して、7インチマルチファンクションタッチスクリーンに、スマートフォンの画面を表示。タッチスクリーンから、直接スマートフォンの操作が可能。

◆カスタマイズ

6人まで設定できるユーザープロファイル、タッチスクリーン表示、ガイダンス音声の選択、ホーム画面のカスタマイズ。

◆エアクオリティコントロール

外気の状態をモニターし、7インチマルチファンクションタッチスクリーンに汚れ具合を3段階(青=クリーン、薄いグレー=やや汚れ、グレー=汚れ)で表示。この情報は30分ごとに更新される。フィルターにより、臭気、微粒子などが室内に入るのを防ぎ、外気がひどく汚れている場合は、自動的に外気導入から内気循環に切り替えてくれる。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ルノー カジャー の関連編集記事

ルノー カジャーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー カジャー の関連編集記事をもっと見る

ルノー カジャー の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR