autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、クリーンディーゼルエンジンの開発において”文部科学大臣表彰”を受賞

自動車ニュース 2015/4/7 16:04

マツダ、クリーンディーゼルエンジンの開発において”文部科学大臣表彰”を受賞

関連: マツダ
マツダのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」

マツダは、新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D(スカイアクティブディー)」の開発において同社の研究者5名が、平成27年度科学技術分野における『文部科学大臣表彰の科学技術賞(開発部門)』を受賞したことを発表した。

この賞は「科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者」に与えられるものであり、マツダの受賞は今回が3回目となる。

「SKYACTIV-D」の開発においては、燃料混合過程の最適化および、理想の燃焼を追求することで、従来のディーゼルエンジンの常識を覆す低圧縮比14を実現。併せて、機械摩擦損失の低減、エンジン構成部品の軽量化を徹底的に行うことにより、従来比20%の燃費向上に加えて、静粛性、低エミッション性も成立させた。更に、高効率過給などの周辺技術により、ディーゼルエンジンの特徴でもある高トルクに加え、高回転までスムーズに回るエンジンとし、走る歓びと優れた環境性能を高次元で両立させたことなどが高く評価された。

受賞概要

【業績名】

走る歓びと環境性能を両立する新ディーゼルエンジンの開発

【開発担当者】

中井 英二 氏(マツダ株式会社 パワートレイン開発本部)

迫野 隆 氏(マツダ株式会社 第2エンジン設計グループ)

寺澤 保幸 氏 (マツダ株式会社 パワートレイン技術開発部)

片岡 一司 氏(マツダ株式会社 パワートレイン技術開発部)

鐡野 雅之 氏(マツダ株式会社 第2制御システム開発グループ)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

マツダ の関連編集記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR