実はフランス車のような快適な乗り心地・座り心地!?乗ってみると分かる三菱 「eKワゴン」&「eKカスタム」試乗レポート(1/3)

実はフランス車のような快適な乗り心地・座り心地!?乗ってみると分かる三菱 「eKワゴン」&「eKカスタム」試乗レポート
三菱 eKカスタム 三菱 eKカスタム 三菱 eKカスタム 三菱 eKカスタム 画像ギャラリーはこちら

ユーザーを見据え、魅力のあるモデルを綿密に投入している軽自動車

三菱 eKカスタム

「最近は増税の影響もあって軽自動車が売れていない」といわれるが、直近の2015年11月の販売データを見ると、国内で売られたクルマの38%が軽自動車であった。依然として売れ行きは好調だ。

背景には小さなボディによる運転のしやすさ、税金の安さ(増税されたものの小型車に比べると大幅に安い)といった従来からの魅力もあるが、それだけではないだろう。

一番大きな理由は、日本のユーザーを見据えながら、新型車やマイナーチェンジを含めて魅力のある商品を綿密に投入していることだ。

(左)三菱 eKカスタム (右)三菱 eKワゴン

特に燃費性能と安全装備は、各車種とも頻繁に改良を行って地道に進化させている。燃費と安全はクルマの機能や性能のひとつだが、ユーザーにとっても、社会にとっても重要度が高い。そこを重点的に進化させて商品力を高めた。

軽自動車の販売比率が高い背景には、小型&普通車の状況もある。一部の車種は高度な安全装備を持つが、事実上、置き去りにされたクルマも少なくない。新型車をほとんど投入していないメーカーもある。

ホンダについては小型&普通車の新型車も多いが、海外向けの商品も目立ち、今でも日本で売られるホンダ車の50%近くが軽自動車だ。

業販店との繋がりが不可欠

(左)三菱 eKカスタム (右)三菱 eKワゴン

このように軽自動車は販売が好調だが、それだけに競争も激しい。

特に軽自動車は公共の交通機関を使いにくい地域で普及しており、佐賀県、鳥取県、島根県などは、10世帯当たりの普及台数が10台を超える。逆に東京都は1.2台、神奈川県は2.2台だ。

軽自動車が好調に売れる地域では、業販店と呼ばれる小規模の店舗が普及しており、複数のメーカーを扱うことが多い。そのために軽自動車を数多く売るには、メーカーと業販店の結び付きが不可欠だ。

こういった事情により、2015年1~11月の統計を見ると、軽自動車市場に占めるメーカー別の新車販売シェアは、ダイハツ:32%、スズキ:30%、ホンダ:18%、日産:11%、三菱:3%となる。ダイハツとスズキだけで60%を上まわり、N-BOXから勢いを高めたホンダも加えると80%だ。

この内、ダイハツとスズキは業販店とのパイプが太く、ホンダは都市部を中心に、トヨタ(4系列)を除くと最大規模になる全国の2200店舗で販売している。

という具合に、軽自動車はダイハツ/スズキ/ホンダの御三家が台頭しているが、三菱と日産にも目を向けたい。前述の売れ筋御三家とは違う味わいがあるからだ。

1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

三菱 eKワゴンの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 eKワゴンのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 eKワゴンの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 eKワゴンの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 eKワゴンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる