なぜレクサスは日本で成功できたのか!? 「日本で高級車ブランドは定着しない」という常識を覆した凄まじい功績とは!?

画像ギャラリーはこちら
トヨタ、日産、ホンダの国産3メーカーは海外で高級車ブランドをそれぞれ持っている。しかし日本展開しているのはトヨタのレクサスのみだ。

それだけ高級車市場は厳しいとみられており、かつては「いくらレクサスでもドイツ御三家には敵わない」と言われたこともあったが、いまや富裕層は積極的にレクサスを選んでいる。はたして、その成功に至った背景には何があるのだろうか。

目次[開く][閉じる]
  1. 北米で生まれた日系プレミアムブランドのひとつがレクサスだ
  2. レクサスは2005年に日本から展開! 3モデルがラインアップされた
  3. レクサス大成功の要因はRXの功績が大きい!

北米で生まれた日系プレミアムブランドのひとつがレクサスだ

トヨタの高級ブランド「レクサス」が絶好調だ。2021年1月~7月までのグローバル販売は48万8937台で前年比132.5%、国内販売は3万5051台でこちらも前年比127.8%と、いまだコロナ禍というムードの中で、見事な復活を遂げている。これはプレミアムブランドの中でもトップといえる数字だ。

事実、輸入車の雄メルセデス・ベンツの1月~7月の国内販売台数は3万1782台となっている。

さて、あらためてレクサス(LEXUS)の誕生に遡って、そのブランドが誕生した背景を整理しておこう。はじめてレクサス・ブランドが立ち上がったのは1989年で、ご存知のように北米市場を舞台に展開していた。

1980年代には日本メーカーが勢いづいていた

1980年代には、ホンダがアキュラ、日産がインフィニティというプレミアムブランドを立ち上げている。いかにも日本車とわかるブランド名ではない、ブランドを確立することが次代のブランディング、マーケティングに必須という経営判断を3社が同時期に行なったというのは、けっして偶然ではない。必然として生まれたといえる。

もちろん、ブランドの企画をした1980年代は日本がバブル経済で「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われていた時代。それだけ日本のメーカーに勢いがあった。

3社がまず用意したのはフラッグシップサルーン

その象徴となったのが、フラッグシップサルーンだ。ホンダはアキュラのためにレジェンドを誕生させた(当時は北米でもレジェンドの名前で売られていた)。日産はインフィニティのためにQ45というV8エンジンを積んだサルーンを用意した。これは、日産インフィニティ Q45として日本でも販売された。

そしてトヨタはレクサス LS、言わずもがな日本名セルシオを生み出した。世界の高級車基準を変えたといわれるほどの静粛性とスムースネスを持つセルシオは、日本においてもトヨタの新しいフラッグシップとしてあっという間に浸透していったのは、バブルという時代だからだったかもしれない。

レクサスは2005年に日本から展開! 3モデルがラインアップされた

そうした日系3社のプレミアムブランドは、なかなか日本で展開することはなかった。プレミアム性を維持するためには従来商品と併売というわけにはいかず、バブル崩壊によって高級車マーケットが縮小したかに見えた日本市場でアキュラやインフィニティを展開するのは冒険に思えたのだ。しかしレクサスは、満を持して2005年秋に日本での展開を始める。

当初のラインアップは、小型セダンのIS(旧型の日本名:アルテッツァ)と中型セダンのGS(同:アリスト)、そしてオープンクーペのソアラを小変更でSCとしてレクサスの仲間に加えた。こうした3モデルでの船出となったのだ。

日本ではセルシオをLSにシフトさせたことでレクサスのイメージが高まった

とはいえ、あくまでもこの時代は助走期間。2005年の東京モーターショーでお披露目されたレクサスLSは、日本でもセルシオからLSにシフトして販売されることは明らかであり、日本での販売が始まった2006年秋からレクサス・ディーラーにイメージはグッと上がっていった印象がある。

正直いって、それまで国内におけるセルシオのブランド力は絶大だった。その名前を冠したマンションさえあったほどで、ブランディングの専門家がセルシオの名前を捨ててしまうことはもったいないと指摘したこともあった。

しかし、トヨタはセルシオをレクサス LSとして生まれ変わらせた。これがレクサス・ブランドの確立には大きな力となった。

結果的に、ブランドの助走期間とLSのティザーとの見事な連携によって、セルシオの持つブランド力をレクサスに重ね合わせることができたのだ。

レクサス大成功の要因はRXの功績が大きい!

とはいえ、販売台数でいえばレクサスの日本における成功につなげたのはセルシオではない。それはレクサス RXだ。

もともと日本版はハリアーとして売られていたRX。あまりにもハリアーの名前が強すぎたため、2007年に三代目RXがフルモデルチェンジしてレクサス・ディーラーで売られていたときにも、二代目がハリアーの名前のまま継続生産されたほどだ。

これについては、当初はブランディングとしてブレているという印象もあったが、今となっては結果的にはレクサス RXとハリアーはそれぞれが強いブランド力を持つモデルとして並び立っている。

セルシオをLSに変えるようなドラスティックな変革だけではなく、ユーザーの感情に寄り添って徐々にレクサス・ブランドを浸透させるという手法も効果的だった。

そしてレクサス RXは、レクサスの屋台骨として販売の中心となっていく。そもそも世界的なプレミアムSUVブームを作ったのはRXである。

プレミアムSUVのメインストリームにあるモデルが、高級ブランドとして確立したレクサスの中で売れないわけがない。さらに、その弟分としてNX、UXというモデルも誕生。ランドクルーザーと基本メカニズムを共通とするLXも加えて、レクサスのSUVラインアップは拡充した。

これらのモデルが売れるのはプレミアムブランドのSUVだからというだけではない。なにより見逃せないのは、そのリセールバリューの高さだ。それはすなわちオーナーの満足度につながり、リセールバリューがいいので新車が売れるという好循環を生み出した。その結果が、冒頭で記したようなレクサスの好調につながっているのだ。

【筆者:山本晋也】

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 晋也
筆者山本 晋也

日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ1969年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、雑誌編集長などを経て、2010年代からWEBを舞台に自動車コラムニストとして活動している。タイヤの数や有無にかかわらずパーソナルモビリティの未来に興味津々。「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることもポリシーのひとつ。個人ブログ「クルマのミライ(http://blog.livedoor.jp/yamamotosinya/)」やYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/tatukaze/)でも情報発信中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶寮宗園

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサスの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる