いざというときに覚えておきたい! 初めてのバッテリー交換【初心者】

画像ギャラリーはこちら
「最近エンジンのかかりが悪い」「電源だけ入れていたらバッテリーがあがってしまった」という方も多いのではないでしょうか? けど、いざバッテリーを交換しようにもどうしたら良いの? 当記事ではそんなDIY初心者のために、車のバッテリー交換の方法を紹介していきます。
目次[開く][閉じる]
  1. エンジン始動の時、セルモーターが回る音が弱々しくなってきたら交換の合図
  2. まずはバッテリーがどこに搭載されているか確認しよう
  3. 作業はエンジンを停止した状態で!
  4. どちらがプラス端子でマイナス端子か見極めよう
  5. バッテリー本体はかなり重いので持ち運びに注意!
  6. バッテリー交換後は、車内の時計やオーディオなどの設定がリセットされている場合もあるので要チェック

エンジン始動の時、セルモーターが回る音が弱々しくなってきたら交換の合図

自動車を動かすために必要なものといえばガソリンや軽油といった燃料が真っ先に思いつきますが、もうひとつ大切なものが存在します。それが電気です。

電気の力で走る電気自動車でなくても、ヘッドライトやワイパー、ナビ&オーディオにエアコンと、クルマを司る部品の多くが電気を使用しており、電気を必要としないクルマはないということになります。

そしてもちろんエンジンを始動させるためにキーを回したりスタートボタンを押したとき、キュルキュルという音で回るセルモーターも当然ながら電気の力で動いており、その動力の源がバッテリーというワケです。

そんなバッテリーも消耗品のひとつであるため、長期間使用していると寿命が来てしまいます。そうなるとエンジンの始動ができなくなり、クルマはただの鉄のカタマリと化してしまいます。

ただ、バッテリーは突然死することは少なく、徐々にその力が弱まっていくため、エンジンを始動するときのセルモーターが回る音が弱々しくなってきたら交換の合図。そのとき自分で交換する方法をご紹介しましょう。

まずはバッテリーがどこに搭載されているか確認しよう

まずは自分の愛車に適合したバッテリーを用意しなければなりませんが、バッテリーの説明は別の記事でご紹介するとします。不安な方は車検証を持ってカー用品店などに行けば、適合するバッテリーを案内してくれるハズです。

バッテリー交換をするときにまず必要なのが、どこにバッテリーが搭載されているかということです。ほとんど車種の場合はフロントのエンジンルームの中に収められていますが、一部のスポーツカーなどではトランクルームにあったり、ワンボックス系だと床下にあったりとごく稀に別の場所に搭載されているものもあるため注意が必要です。

作業はエンジンを停止した状態で!

バッテリーを外すときは当然ながらエンジンは停止した状態で行います。エンジンルームにバッテリーがある車種ではエンジンが冷えた状態で行うとやけどのリスクを減らすことができるでしょう。

また、作業をするときは軍手ではなくゴム手袋を用意することで絶縁ができるので、できれば用意できるとベターです。

どちらがプラス端子でマイナス端子か見極めよう

バッテリーにはプラスとマイナスの端子が備わっていますが、最初に外すのはマイナス端子から。ただしバッテリーの種類や取り付けの向きなどによってマイナス端子の位置が異なるため、どちらがマイナス端子なのかの判断が必要となります。

バッテリー本体にプラスとマイナスの記載があることも多いですが、車両側のケーブルもマイナス端子側はむき出し、プラス端子側はカバーがなされていることが多いので、それらで判断しましょう。

マイナス端子側を外すことができたら、次はプラス端子側を外します。このとき工具がマイナス端子に触れてしまうとスパークが発生し、最悪の場合車両火災に繋がる恐れもあるため注意したいところ。

バッテリー本体はかなり重いので持ち運びに注意!

無事に両方の端子が外せたら、あとはバッテリーを固定している金具を取り外せば、バッテリーを取り出すことができます。

バッテリー本体はかなりの重量があるため、落としたり持ち上げるときに腰を痛めたりしないように注意しましょう。車種によっては取り出しにくい位置にあるものもあるため、他の配線などを傷つけない配慮も必要です。

バッテリー交換後は、車内の時計やオーディオなどの設定がリセットされている場合もあるので要チェック

あとは取り外した順序の逆で新しいバッテリーを装着すれば完了なのですが、このときバッテリーのケーブル端子にサビや青白い粉が吹いている場合はワイヤーブラシなどで清掃しておくとベストです。

以上でバッテリー交換の手順は終了ですが、バッテリーを外したことで車内の時計やオーディオなどの設定が一部リセットされている場合もあるので、次に乗った時に慌てないためにも最後にチェックしてきましょう。

[筆者:小鮒 康一]

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... KANAYA RESORT HAKONE
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる