autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 佐藤 琢磨氏、レーシングドライバー育成機関「SRS-K」「SRS-F」の校長に就任

イベントレポート 2018/11/7 19:48

佐藤 琢磨氏、レーシングドライバー育成機関「SRS-K」「SRS-F」の校長に就任

関連: ホンダ Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン 編集部
佐藤琢磨氏、レーシングドライバー育成機関「SRS-K」「SRS-F」のPrincipalに就任
佐藤琢磨氏、レーシングドライバー育成機関「SRS-K」「SRS-F」のPrincipalに就任佐藤琢磨氏、レーシングドライバー育成機関「SRS-K」「SRS-F」のPrincipalに就任佐藤琢磨氏、レーシングドライバー育成機関「SRS-K」「SRS-F」のPrincipalに就任佐藤琢磨氏、レーシングドライバー育成機関「SRS-K」「SRS-F」のPrincipalに就任画像ギャラリーはこちら

佐藤 琢磨氏、日本の若手レーシングドライバー育成に尽力

2018年11月7日、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは、レーシングドライバー育成機関「SRS-Kart(鈴鹿サーキットレーシングスクールカート・SRS-K)」、「SRS-Formula(鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラ・SRS-F)」の「Principal(プリンシパル = 校長)」に、2017年インディ500ウイナーとして知られる佐藤 琢磨氏が就任することを発表した。

「Vice Principal(副校長)」には日本人で唯一、世界三大レース(インディ500・F1モナコGP・ルマン24時間耐久)全てに参戦した経験を持つ中野 信治氏が就任。これまで校長を務めてきた中嶋 悟氏は勇退することが決まっている。

同日、東京・青山のホンダ本社ビルで発表会が行われ、佐藤 琢磨氏が登場した。

◆若手育成へ向けて熱意を語る佐藤琢磨氏を画像で見る

自身もSRS-Fからレース活動を開始した佐藤氏

佐藤琢磨氏、レーシングドライバー育成機関「SRS-K」「SRS-F」のPrincipalに就任

現役インディ500ドライバーの佐藤氏は、SRS-Fの卒業生でもある。「学生の時は、自分のレース熱を表現できるものが自転車しかなかった」と語る佐藤氏がSRS-Fの門を叩いたとき、彼はSRS-Fの年齢制限である20歳ギリギリだった。当時はレース経験も皆無。既にレース経験を持つ70名超の入校希望者に圧倒されたという。

しかし佐藤氏が最終的に入校を許された理由は、当初選考方法にはなかった面接を組み込んで欲しい、とスタッフに直談判したこと。それが功を奏し、佐藤氏はレーシングドライバーとしてのキャリアをスタートさせることができた。

若手ドライバーに求めるものは「人間力」

佐藤琢磨氏、レーシングドライバー育成機関「SRS-K」「SRS-F」のPrincipalに就任

そんな彼が若手ドライバーを指導するにあたって、重視していきたいポイントは、ひとりひとりの人間力の強化という。

佐藤氏は「『こいつは伸びるかもしれない』『こいつは応援してやろう』と思わせる魅力的な人は、SRS-Fを出た後どの国へ行ってどのチームに在籍しても、自分が100%のパフォーマンスを発揮できる環境を自ら作り出していくことができる」とコメント。

「このマシンは誰が準備してくれたんだろう。サーキットを整備してくれているのは誰なんだろう。そういったことに気づくことで、感謝の気持ちが生まれ、レースに責任感が生まれる。それを身につけるきっかけづくりをしたい」と意気込みを語った。

佐藤氏がフォーミュラレースの下位カテゴリーに参戦していた時期は、SRS-K・SRS-F校長を務めた中嶋悟氏がF1ドライバーとして活躍していた頃と重なっている。佐藤氏は中嶋氏の辿った道を追いかけるかのように、若手ドライバーの育成に携わることとなった。

最後に「生徒と一緒に自身も成長していきたい」と語った佐藤氏。今後の日本人レーシングドライバーの活躍に注目だ。

[筆者:オートックワン編集部 / 撮影:オートックワン編集部]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ホンダ の関連編集記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連編集記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR