新型インテグラ、2022年復活に喜びの声が挙がるも、「国内アナウンスが無いということは日本導入は無し」とみる冷静な声も【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
ホンダの北米部門は2021年10月15日(金)、同社の高級車ブランド“アキュラ”で2022年に復活をアナウンスしている新型インテグラに関する情報をアップデートした。今回発表された情報によると、新型インテグラには6速MTが採用されることが明らかにされた。日本導入は引き続き未定ながら、新型復活に注目の集まるインテグラついてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型インテグラが2022年にアキュラブランドから復活
  2. 過去のインテグラの特徴やシビックとの明確な差別化を求める声
  3. 日本導入は無いと見る声も少なくない
インテグラの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

新型インテグラが2022年にアキュラブランドから復活

1980~1990年代、日本市場では若者向けのスポーツクーペ&4ドアハードトップとして人気を集めたホンダ インテグラ。3代目と4代目では、高性能グレードの「タイプR」も設定され、現在も中古市場では高値で取引されている。

2006年をもって日本国内での販売を終了したインテグラがこのほど、米国市場でアキュラブランドとして2022年に復活することがアナウンスされている。

2021年8月13日に初めて公開されたティザー画像では、「INTEGRA」の文字が浮かび上がったヘッドライト周りが公開された。

続いて9月29日には、リア回りのティザー画像を公開。LEDのテールランプやブラックのリアスポラーが装着されたこの画像から、新型インテグラはファスト・バック形状だということが判明した。

そして、今回新たに公開された写真では、6速MTの設定があることが分かる。また、シフトレバー周辺を見ると、電動パーキングブレーキやブレーキホールドなどが採用されていることも推測できる。

過去のインテグラの特徴やシビックとの明確な差別化を求める声

そんな注目の集まる新型インテグラについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

まず、やはり挙がっているのは、

「日本でも発売してほしい」

「早く実車が見てみたい」

「ぜひ国内導入を!」

と、日本導入に期待する声。かつてインテグラに乗っていたという層からは、とりわけ熱烈な声が挙がっている。

また、今回新たに発表された6速MTの設定については、

「シフト周りがシビックと似ているから基本的な部分は共用だろう」

「コンソールデザインがシビックと似てるのでやはりベースはシビックなのかな」

「MTならサイドブレーキも手引きが良い」

など、シビックとパーツを共用していると推測する声や、電動パーキングブレーキではなく手引きのサイドブレーキの設定を望む声などが見受けられた。

そうした上で、

「昔はシビックとしっかりキャラクター別けされていた。新型インテグラもシビックの皮だけ変えた様なクルマにはしないでほしい」

「インテグラには昔乗っていたが、軽くて扱いやすいという点は踏襲して欲しい」

「どこまでホンダとアキュラで差別化できるか楽しみ」

と、これまでのインテグラの特徴を新型でも求める声や、シビックとの明確なキャラクター別けを求める声が挙がっている。

日本導入は無いと見る声も少なくない

ファンから多くの注目を集める新型インテグラ。国内導入を望む熱烈な声がある一方で、

「前にインテR乗ってたからすごく気になるけど、アキュラブランドなら日本発売は無理かな」

「日本導入を望んでいる人は多そうだけど、シビックにも1.5ターボでMTあるから国内には入ってこないかな」

「日本で何もアナウンスが無いということは国内販売はなしということか」

「もし日本で発売されてもハイスペック、高価格なのかな。昔のように無理せず買える価格で発売してもらいたい」

と、冷静に状況を見つめる声も少なくない。

果たして、新型インテグラはどんな姿となって登場するのか。そして気になる日本導入は? 新型インテグラについては、また最新の情報が入り次第お届けしていく。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

ホンダ/インテグラ
ホンダ インテグラカタログを見る
新車価格:
209万円220万円
中古価格:
40万円299万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶寮宗園

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ インテグラの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ インテグラのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ インテグラの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ インテグラの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ インテグラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる