autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ダイハツ タント 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2012/1/24 18:16

ダイハツ タント 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: ダイハツ タント Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
ダイハツ タント 試乗レポート/岡本幸一郎

時速7km/h未満でエンジン停止!?

ダイハツ タントダイハツ タント

加えて、感心したのがアイドリングストップだ。条件が整えば、完全に停車しなくても、時速7km/h未満になるとエンジンが停止するという“停車前アイドリングストップ機能”を追加。

この「新 eco IDLE」は、実際にかなり頻繁に止まる。ストップ&ゴーの振動も比較的小さく抑えられているところもよい。

さらに、エコ発電制御(減速エネルギー回生機能)も行なってくれる。同機能はあまり発電効率を上げると、ブレーキフィールに違和感を覚えるが、この一部改良を加えたタントは決して不快ではない。総じて、パワートレインの進化と、エネルギーマネージメントの両面が上手く効いており、ドライバビリティも向上していることが体感できた。

ダイハツ タントダイハツ タント

それにしても、今のタントには自然吸気エンジンのみの設定だが、最初はカスタムだけでなくスタンダードのタントにもカスタムが設定されていた。900kgを超えるタントではターボでないとまともに走れやしないと感じていた。

ところが2代目では、ターボはカスタムのみの設定となった。ならば標準のタントは満足に走れないのではないかと思っていたのだが、試乗してみると多少の非力な印象こそあるものの、実際にはそれほど不満はなかった。そして今度の一部改良モデルでは、自然吸気エンジンでも「速い!」と感じさせるほどになっていた。技術の進化というのは本当にたいしたものだ。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ダイハツ タント の関連編集記事

ダイハツ タントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ タント の関連編集記事をもっと見る

ダイハツ タント の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR