MOTAトップ 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/岡本幸一郎

ベストバイカー 2009/7/14 11:00

2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/岡本幸一郎

関連: アウディ A4 , BMW Z4 , アルファ ロメオ 8C Text: 岡本 幸一郎 Photo: アウディジャパン株式会社/小宮岩男/オートックワン編集部
2009年上半期ベスト・バイ・カー【輸入車】/岡本幸一郎

トータルベストカー/アウディ A4 2.0TFSIクワトロ

アウディ A4 2.0 TFSIクワトロ

実は、メルセデスEクラスを選ぶか、かなり迷ったのだが、コストパフォーマンスと、現状でいかに不満点が少ないかなどを勘案して、僅差でこちらを選んだ次第。

現行A4の完成度の高さは、すでに1.8TFSIや3.2FSIで重々承知していたわけだが、約1年後に追加された2Lのクワトロモデルは、やはり予想どおり「本命」だった。

無論、同時にデビューしたS4のほうが性能も味も格段に上だが、A4はそれに準じるテイストを3分の2の約500万円という価格で味わえるところがいい。

2L直噴ターボエンジンの性能は十分に高く、最新のクワトロシステムがもたらす走りは、安定性に優れるだけでなく、FRなみに運動性能も高い。

A4の中では、3.2を買うなら頑張ってS4を、1.8を買うのであれば頑張って2.0を買いたいところであり、要するにA4を買うなら2.0がベストに違いない。

ベストドライビングカー/BMW Z4

BMW Z4
BMW Z4 センターコンソールBMW Z4 メーター

絶対的な性能の高さでいうと、もっと上の車種もいっぱいあるけど、このクルマでは「走る」こと自体が本当に気持ちいい。

それはオープンだからとか、エンジンが速いからという単純な理由だけではない。

ハンドルを切ったときの反応や、よく動くサスペンションがタイヤを巧みに路面へと追従させ、エンジンパワーをトラクションに換えるという一連の流れにおいて、本当に気持ちよさを感じさせてくれるクルマに仕上がっている。

また、スポーティ=固い足という概念を根底から覆した乗り心地の良さと、それをランフラットタイヤで実現したということにも感心させられた。

Z4は、35iのちょっと過剰演出気味のドライブフィールも刺激的で楽しいが、個人的には23iの軽快な走りに好感を抱いた。

ベストデザインカー/アルファロメオ 8C スパイダー

アルファロメオ 8Cスパイダー
アルファロメオ 8Cスパイダー インパネアルファロメオ 8Cスパイダー エンジン

ファンの方には申し訳ないが、屋根付き版の8Cコンペツィオーネについても、ユニークではあるけど、あまり特別な感情は持っていなくて、このスパイダーについても、先に写真を見たときに、なんかオモチャっぽいな~と思っていた。

ところが、MiToと同時に六本木ヒルズで行なわれた発表会で実車を見て、「なんて素晴らしいデザイン!」と印象がガラッと変わってしまった。

8Cコンペツィオーネよりもグラマラスさが強調されていて、個性的で迫力あるシルエット。

さらに、インテリアもエンジンルームも細部にいたるまで「見られる」ことを意識してデザインされている。

実車を目にすることのできる機会が非常に限られてしまうモデルだが、ひとりでも多くの方にそのチャンスが訪れることを願います。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

アウディ A4 の関連編集記事

アウディ A4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A4 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR