autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱自、コンパクトSUV『RVR』を一部改良

自動車ニュース 2012/10/18 16:26

三菱自、コンパクトSUV『RVR』を一部改良

関連: 三菱 RVR

三菱自は、コンパクトSUV『RVR(アールブイアール)』を一部改良し、10月18日(木)から販売開始する。

改良により、前後バンパーのデザインを変更、フロントグリルを立体感のある造形としている。また、全車でシート生地を変更して上質感を高めている。

搭載エンジンを、基本装備の「E」グレードでは実用装備の「M」グレードや、快適装備の「G」グレードと同様、AS&Gを採用した新型MIVEC エンジンに変更し、平成27年度燃費基準を達成してエコカー減税対象車となった。これにより、購入時の自動車取得税と自動車重量税が50%減税される。

機能装備面では、メーカーオプション設定のMMCS(ナビゲーション、オーディオ機能など)を新型化し、ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステムには新機能を採用。さらに、タッチパネル式のディスプレイにリアビュー機能を採用したディスプレイオーディオをメーカーオプションとして新設定。

ボディカラーは新たに、クォーツブラウンメタリック(今回設定)、ホワイトパール(有料色)、ブラックマイカ、クールシルバーメタリック、チタニウムグレイメタリック、レッドメタリックの6色展開としている。

三菱 RVR

2010年2月より販売開始。2011年10月には、アイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー(AS&G)」と新型1.8L MIVEC エンジンを組み合わせた“自分でエコする賢いエンジン「エコサポート」”を新たに採用して燃費を向上(「E」を除く)。専用のエアロパーツを採用した特装車「ROADEST(ローデスト)」と合わせ、幅広いユーザーからの要望に応える。

三菱自動車 RVR三菱自動車 RVR三菱自動車 RVR三菱自動車 RVR三菱自動車 RVR

★メーカーオプションの装着により車両重量が1,421kg以上となった場合、平成27年度燃費基準を達成し、エコカー減税対象車となり、自動車取得税と自動車重量税が50%減税

グレード

エンジン

トランスミッション

駆動

方式

販売価格

(消費税込)

エコカー減税

標準車

E

1.8L SOHC 16 バルブ

4 気筒MIVEC エンジン

INVECS-Ⅲ

6速スポーツモード

CVT

2WD

1,848,000円

50%減税

M

2WD

1,985,000円

4WD

2,205,000円

G

2WD

2,240,000円

50%減税

4WD

2,460,000円

特装車

「ROADEST」

M

2WD

2,300,000円

50%減税

4WD

2,520,000円

G

2WD

2,481,500円

50%減税

4WD

2,701,500円

三菱 RVR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 RVR の関連記事

三菱 RVRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 RVR の関連記事をもっと見る

三菱 RVR の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22