autoc-one.jp 記事・レポート 日本版コンシューマレポート 日本版コンシューマレポート-レクサス CT200h ユーザー試乗レビュー- 3ページ目

コンシューマレポート 2011/4/15 10:22

日本版コンシューマレポート-レクサス CT200h ユーザー試乗レビュー-(3/5)

日本版コンシューマレポート-レクサス CT200h ユーザー試乗レビュー-

CT200hのユーザー評価・レビュー/インテリア

「で、インテリアはどうだったんですか?」

「はい、一発で決まりましたよ!」

定方氏、インテリアに自信満々だ。ダッシュボードの左右にドーンとひとつの流れ、さらに、せり上がったセンターコンソールが車体の背骨をズシン!と貫く。

その縦横2本の柱によって形成された車内空間が、実に洒落ている。各種スイッチ類の数は多いが、決して煩雑というわけではなく、スッキリしているという印象が優先する。

これら筆者の感想をまとめると「次世代を感じさせる囲われ感が心地良い」となる。

ユーザーの評価も以下のグラフのあるように、とても良い。

4点以上が、全21項目中で9つ。

レクサス CT200h ステアリング

そのなかで注目は「ハンドルやペダルの位置」に対する高評価だ。

これは、トヨタ側の狙い通りである。ハンドルのコラム(ハンドル中心のシャフト)の角度は21度、ペダルの静止状態の角度が45度。またヒップポイント(着座時のオシリの位置)とクルマの重心を徹底して近付けてあるのだ。

また「ハンドル」自体の評価も4.1点と高く、これもトヨタの狙い通りだ。デザインは超高級スポーツ「LF-A」を継承、サイズは370mm径でタッチ感を重視した本皮だ。

また「メーターの見易さ」「メーターのデザイン」は共に4.1点を獲得。

これは、ECOモードなどからスポーツモードへの切り替えで、青から赤にメーター照明が変化し、タコメーターが現れるなど「走る気分になる!」演出効果を評価したものだ。

また、トヨタ側の説明では「シートにも注目して欲しい」とのこと。

細かいビロードのようなファブリック地では、ブルー、ブラック、レッド、ブラウン、アイボリーの各色に合わせた柄をあしらっている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス CT の関連記事

レクサス CTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス CT の関連記事をもっと見る

レクサス CT の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/14~2017/12/14

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    497.2万円769万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円