autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ランドローバー レンジローバーイヴォーク試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2015/3/4 16:23

ランドローバー レンジローバーイヴォーク試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

ランドローバー レンジローバーイヴォーク試乗レポート/渡辺陽一郎

全高が1600mm超えながら、重心の高さを意識させない

ランドローバー レンジローバーイヴォーク (グレード:オートバイオグラフィ)

最高出力の発生回転数は5500回転だから、高回転域の得意なエンジンではないが、吹き上がりに不満はない。5000回転を超えた領域でも速度は活発に上昇する。

全高が1600mmを超えるSUVでありながら、重心の高さを意識させないことも特徴だ。走行安定性を確保した上で、操舵感は機敏な印象に仕上げた。

試乗車の足まわりには、セッティングを変化させるアダプティブダイナミクスがオプション装着されていた。ダイナミックモードを選ぶと硬めになり、4WDでありながら、コーナーでアクセルを開いた時でも旋回軌跡を拡大させにくい。むしろ後輪を横滑りさせる要領で、小さく回り込める。

このあたりの走りは、SUVというよりもスポーティーな5ドアハッチバックに近い。周囲を見降ろす視線の高さと、良く曲がる車両の動きが、良い意味でミスマッチに感じられた。

最良の乗り心地の組み合わせは・・・

ランドローバー レンジローバーイヴォーク (グレード:オートバイオグラフィ)ランドローバー レンジローバーイヴォーク (グレード:オートバイオグラフィ)

乗り心地は、レンジローバーのブランドとしては硬めだ。アダプティブダイナミクスのモード選択にかかわらず、コツコツとした路上の細かなデコボコを伝えやすい。粗い印象はなく、重厚感も伴うが、市街地を低い速度で走っている時は硬さが気になる。

この乗り心地は、20インチタイヤによるところが大きいだろう。高重心のSUVでは走行安定性が優れ、良く曲がる代わりに、乗り心地も硬めになった。また20インチのタイヤとホイールは、価格が高まる理由にもなっていると思う。

そこでイヴォークのグレード選びを改めて考えると、5ドアがピュア(473万円)/プレステージ(605万円)/ダイナミック(605万円)/オートバイオグラフィ(718万円)で、3ドアのクーペ(626万円)が加わる。

この内、ダイナミックとオートバイオグラフィは20インチタイヤを履き、プレステージは19インチだ。ピュアは17インチを標準装着して、18/19/20インチをオプション装着できる。

となれば結局のところ、最廉価のピュアを選び、18インチあたりを装着するのがバランスの良い選び方だろう。購入する時、好みに応じて自由に組み合わせると、納期が長引く可能性はあるが、走行安定性と乗り心地のバランスにはこだわりたい。

[次ページへ続く]

ランドローバー レンジローバーイヴォーク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事

ランドローバー レンジローバーイヴォークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22