autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 「ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス」イベントレポート/九島辰也

イベントレポート 2014/6/20 19:40

「ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス」イベントレポート/九島辰也(1/2)

関連: BMW Text: 九島 辰也 Photo: BMW
「ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス」イベントレポート/九島辰也

実はクラシックカーの世界でも関わりの深い「BMW」

ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス

「BMW」というブランドは“先進性”のイメージが強い。いま話題のiシリーズや販売好調のクリーンディーゼルなどがそう感じさせる。カーボンコンポジット技術もトップクラスにあることは間違いない。

そんなBMWだが、じつはクラシックカーの世界にも大きく貢献している。彼らは自動車の未来を司りながら、カーカルチャー全体をサポートしているのだ。

具体的には「ラリーニッポン」のサポートというのがある。

ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンスヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス

これは4日間に渡りクラシックカーで日本の世界遺産を巡るもので、公道ラリーとしてクラシックカー愛好家に親しまれている。個人的に第一回から3年続けて出場していたが、毎年のようにBMWジャパンがそれをサポートしていた。

そして海の向こうではミュンヘンの本社が「ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス」をサポートしている。そう、彼らはヨーロッパのカーカルチャーのシンボル的なそのイベントのメインスポンサーなのだ。

ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンスとは1929年からイタリアで行われるクルマのデザインをメインにしたカーショーである。開催される場所はミラノ北部に位置するコモ湖。その湖畔にあるヴィラ・デステの中庭が開催場所だ。

コモ湖は古くからイタリアの貴族や芸術家が別荘としてのヴィラを持つ避暑地。アルプスの麓ということもあり、湖のまわりには大自然が広がり絶景を楽しませてくれる。

そんな場所で行われるのだから、なんとも優雅なカーショーである。

お披露目されるクルマは初めて公に出てくるものばかり

ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス

出品されるクルマはカテゴリーごとに分けられる。年代はもちろん、レーシングカー部門もあり、それぞれの部門で表彰が行われる。またそのカテゴリーのタイトルがニクかったりもする。

1920年代のカテゴリーを“グレイト・ギャッツビー(華麗なるギャッツビー)”といったり、30年代を“ゴーン・ウィズ・ウインド(風とともに去りぬ)と名付けている。また、今年はマセラティ100周年ということで、特別に“マセラティ”部門が設けられた。そのため例年より目立っていたのは言わずもがなだ。

では、どんな素性のクルマが出品されるのか。

ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス

ここでお披露目されるクルマのほとんどが、公の場にはじめて出てくるものばかりとなる。というのも、どこかのモーターショーに一回だけ展示されたデザインスタディだったり、ル・マンのような大きなレースで勝利したレーシングカーだったりするからだ。それに世界の富豪が自分のためだけにつくらせたものもある。

そんなクルマを見ていると、そもそもクルマはワンオフだったことを思い出す。ヘンリー・フォードが生み出した大量生産方式もあるにせよ、多くの場合、かつてクルマは一台一台オーダーでつくられていた。

それを象徴していたのが、1959年型ロールスロイス「シルバークラウド」。このシューティングブレークのカーゴには、文字通りライフル銃とそのラックがきちんとつくり込まれていた。

ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンスヴィラ・デステ・コンクール・デレガンスヴィラ・デステ・コンクール・デレガンスヴィラ・デステ・コンクール・デレガンスヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20