autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ ヴァンガード 新型車解説

新型車解説 2010/2/9 19:38

トヨタ ヴァンガード 新型車解説

関連: トヨタ ヴァンガード Text: Photo: トヨタ自動車株式会社
トヨタ ヴァンガード 新型車解説

ヴァンガード、初のマイチェンでリッター13.2km/Lへ!

トヨタ ヴァンガードトヨタ ヴァンガード

ヴァンガードがマイナーチェンジを行った。

2007年8月にデビューしたヴァンガードは、RAV4の3列シート版として、新たなシティSUVのカテゴリーに属するニューフェイスとして誕生した。

さてそんなヴァンガードだが、ここへきて初のマイナーチェンジを実施。主な変更点は、燃料・環境面の改善と、エクステリア、インテリアの変更。そしてラインナップの新設定だ。

まず、燃料・環境面については、2.4リッターの2WD車において、オルタネーターの制御を改良し、リッター13.2km/L(従来型より0.2km/L)へと向上。これにより平成22年度燃費基準+25%を達成した。

また平成17年基準排出ガス75%低減レベルとあわせ、環境対応車 普及促進税制により、自動車取得税、自動車重量税が75%減税となった。

エクステリアはフロントグリル、フロントバンパー、アルミホイールのデザイン変更をはじめ、サイドプロテクションモールにメッキ加飾を施したり、リアコンビネーションランプの採用などを行っている。

ボディカラーも新たに、ブラキッシュレッドマイカ、ダークスチールマイカ、ダークグリーンマイカの3つの新色を用意し、全8色の設定だ。

トヨタ ヴァンガード
トヨタ ヴァンガードトヨタ ヴァンガード

一方のインテリアは、ステアリングのデザイン変更とともに、2.4リッター全車にパドルシフトを採用。また、そのステアリングにオーディオスイッチを標準装備。センタークラスターでのオーディオ操作をすることなく手元で操作できるのは嬉しい。

そして豪華装備としては、本革シート及び本革巻き&木目調シフトノブ、木目調ドアスイッチベースを、240SのGパッケージと、350SのGパッケージにオプション設定した。

ラインナップに関しては、2.4リッター車にカラードオーバーフェンダーや、18インチアルミホイールを装備した240S Sパッケージを新設定。価格は2,431,550円(240S:2WD 5人乗り)~3,376,550円(350S Gパッケージ:4WD)。

手頃なサイズと、いざという時の多人数乗車を可能にした、便利な都市型SUV「ヴァンガード」。気になる方は早速お見積もりへ!

トヨタ ヴァンガード 自動車カタログ

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ ヴァンガード の関連編集記事

トヨタ ヴァンガードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴァンガード の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR