コロナ禍の日本、そして世界へ! 豊田章男 自工会会長が熱い決意で伝えたかったこと(1/2)

  • 筆者: 国沢 光宏
  • カメラマン:トヨタ自動車・MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年4月10日、世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本のものづくりを支える自動車工業4団体によるメッセージが発信された。スピーチをしたのは、トヨタ自動車社長にして自工会会長の豊田 章男氏。

約550万人、日本の就業人口の約1割を支える自動車産業が今“出来ること”とは? 章男氏が日本、そして世界中のひとたちに伝えたかったメッセージを、自動車評論家の国沢光宏氏が解説する!

>>これぞ“ニッポンのものづくり! 日本が世界に誇る自動車産業の姿を画像で振り返る”

目次[開く][閉じる]
  1. 日本のものづくりを支える自動車4団体が緊急メッセージ発信
  2. オールジャパン総出で医療現場をサポートすると宣言
  3. 自動車産業の経営危機対策にファンド(基金)を立ち上げ
  4. 豊田章男会長の最も強い意思を感じさせるメッセージとは
  5. 我々の産業には、生き残るための粘り強いDNAがある!
  6. 「自動車工業4団体によるメッセージ」全文紹介

日本のものづくりを支える自動車4団体が緊急メッセージ発信

2020年4月10日の午後、自動車産業4団体が新型コロナ禍に対する緊急記者会見を行った。こんなタイミングのため記者を集め壇上で、という形式は取らずネット配信である。

最初に概要の紹介を行ったのが豊田章男自動車工業会会長。全て書き出すと長くなるため、以下に骨子をまとめてみた。

大きなポイントは3つある。順に紹介したい。

オールジャパン総出で医療現場をサポートすると宣言

1つ目は、新型コロナ禍で疲弊し、物資不足となっている医療現場のサポート。

4月7日にトヨタグループが枯渇している医療用シールド&マスク作り、人工呼吸器の生産サポートなど支援策を発表したのに続き、自動車産業4団体もバックアップする旨を打ち出した。ただ専門分野以外のモノ作りとあって、手探り状態らしい。

豊田会長曰く

「自動車産業の手でマスクを作ってみました。自動車の部品から作ったマスクの最初の試作は、ゴワゴワでした。改良も進んでおりますが、これらは自分達の身を守るために使ってまいります。その分、外からの購入を減らし、少しでも需給緩和に寄与できればと考えております」

とはいえ遠からず良いマスクが作れるだろう。

その他、隔離(無症状感染者)のため使える宿泊施設をトヨタグループで1500室。自工会全体であれば3000室くらい用意出来るそうな。自工会の会員企業は全国に存在するため大いに心強い。

合わせて感染した方の移送に使える車両(運転者への感染対策が必要。ここにきて大きな問題となりつつある)の改造や提供も準備しているという。

自動車産業の経営危機対策にファンド(基金)を立ち上げ

2つ目は自動車産業の経営危機対策としてファンド(基金)を立ち上げること。

新型コロナに起因する経済的な影響は大きく、自動車産業全体を揺るがせている。改めて説明するまでもなく”自動車”という製品は部品が一つでも揃わなければ作れない。自動車産業を救うためのファンドを作っておけば、結果として自動車産業のメリットになる。

参考までに書いておくと、日本に於ける自動車産業の雇用は550万人(全雇用者の10%に相当)。影響力まで考慮するとその2.5倍になる。

実際、この業界をしっかり守ることで、新型コロナ禍が収束した時の「経済を立ち上げるパワー」を残せると思う。トヨタは強固ながら、瀬戸際になりそうな業界企業もあることだろう。

豊田章男会長の最も強い意思を感じさせるメッセージとは

3つ目が「日本の優れた人材や技術を失わないようしたい」という内容。

これは豊田会長の強い意思だと考える。今回の記者会見で最も熱く語った点だった。

確かに日本の自動車産業が弱体化したら、大黒柱を失うことを意味する。新型コロナ禍により技術を持っている企業が無くなってしまうと、日本の将来も明るくない。

とはいえ、破綻する企業も出てくる可能性を考えているのだろう。驚いたことに「高い技術・技能を持っている人が不幸にも働く場を失おうとしていたら、自動車産業内でそれを必要としている企業とマッチングしていく」という。

逆に考えると技術や技能を持っている人や企業は守るという宣言のようなもの。日本のモノ作り技術の継続という点で心強い。

我々の産業には、生き残るための粘り強いDNAがある!

今回の記者会見で、豊田 章男会長の意気込みが一番強く伝わってきたのは、まとめの部分。

私の文章力だと伝えきれないかもしれないので、この部分だけ豊田会長の文言をそのまま引用させて頂く。

「私が生まれる前、終戦時の話ですが、戦争で人も減り工場も失ったトヨタは、それでもなんとか生き延びていくために、作れるものはなんでも作ったそうです。鍋やフライパンをつくり、更には工場周辺の荒地を開墾して芋や麦までつくっていました。

スバルでも、農機具や乳母車、ミシン、バリカン等、あらゆる生活品を作っていたとも聞きました。売るクルマがない販売店も、食器などなにかしら生活に必要なものを仕入れ人々に売っていたそうです。我々の産業には、生き残るための粘り強いDNAがあるはずです。なんとしても踏ん張って、生き残っていきましょう!」

自動車産業をしっかり守りつつ、直近は医療を中心に日本のバックアップをしていくという意思表明、大いに心強い。

自動車産業以外も名乗りを上げ、オールジャパンで新型コロナ禍を乗り切っていきたい!

[筆者:国沢 光宏]

>>「自動車工業4団体によるメッセージ」豊田章男氏スピーチの全文紹介はこちら

豊田 章男 日本自動車工業会会長 スピーチ【動画】

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産リーフとトヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる