かつてはセダンが主流だったのに……トヨタ アルファードがVIPに人気のワケ

画像ギャラリーはこちら
昭和や平成の時代はセダンがスタンダードなボディタイプで、VIPや著名人などテレビの報道などでもトヨタ センチュリーや日産 プレジデントといった大型セダンに乗ったVIPを目にする機会が多かった。

しかし、最近では芸能人や企業のトップ、政治家などが揃いも揃ってトヨタ アルファードに乗っている。なぜファミリーで乗ることが前提だったはずのミニバンが選ばれるようになったのだろうか。

目次[開く][閉じる]
  1. レクサス LSと比べても比較にならない圧倒的な室内空間の広さが魅力
  2. 高級セダンと比べてもインパクト大! サイズ以上に大きく見えるエクステリアも好評
  3. もちろん一般ユーザーからも支持されている

レクサス LSと比べても比較にならない圧倒的な室内空間の広さが魅力

まず挙げられるのは室内の広さだ。

アルファードの室内長×室内幅×室内高は、3210mm×1590mm×1400mm。グレード・モデルごとにボディサイズは異なるものの、室内サイズはエンジン車とハイブリッド車で違いはない。また、乗降性に影響するステップ高は350mmと低く、乗り降りもスムースに行えるのが特徴だ。

レクサスのフラッグシップセダンLSの室内空間は室内長2050〜2120mm×室内幅1615mm×室内高1160〜1165mmであることからも、アルファードの圧倒的な広さがうかがい知れる。

シートの使い勝手の高さもVIPから支持を集める要因のひとつ

また、アルファードには7人乗りと8人乗りが用意される。8人乗りでは2列目シートがベンチシートのみとなってしまうが、それでも4〜5人乗りのセダンに比べて多くの人を乗せることができるのは、忙しいVIPやその周囲の人たちにとってもありがたいはずだ。

さらにアルファードの2列目シートには4種類設定されるが、上級グレードに用意されるエグゼクティブラウンジシートやエグゼクティブパワーシートならそれぞれのシートが独立していて適度な距離感を保つことができる。これもさまざまな人を乗せて商談や打ち合わせなどを行うVIPから支持される要因だ。

高級セダンと比べてもインパクト大! サイズ以上に大きく見えるエクステリアも好評

ほかにも、大型セダンと比較しても見劣りしない派手なデザインが人気だという。アルファードのボディサイズは全長 4945〜4950mm×全幅 1850mmx全高1935〜1950mmとミニバンの中でも大型な部類だが、特に現行モデルとなってからはイカツイフロントマスクも相まって存在感がある。

これによってメルセデス・ベンツ Sクラスやセンチュリー、LSなどの高級4ドアセダンと比較しても見劣りせず、ボディサイズ以上に大きく見えるのだ。体裁も重要なVIPたちから信頼され、心強い相棒となっていることも選ばれる要因なのだろう。

もちろん一般ユーザーからも支持されている

VIPがこぞってアルファードに乗っている様子がテレビなどで映し出されることで、ひとつの宣伝効果となっているのかもしれない。

確かに高級ミニバンに属するアルファードだが、現行モデルの価格(税込)は386万4000円から759万9000円で、残価設定ローンなどで購入すれば月々の負担はそれほど大きくないことから、一般ユーザーにも人気のモデルとなっている。

日本自動車販売協会連合会が発表した2021年上半期の新車登録台数ランキングではミニバンで最も高い4位にランクインするほどの実力だ。下半期は昨今の新車情勢に加えて発表間近ということもあり販売台数自体は下がってきているが、注目度の高いモデルであることは間違いない。次期型の発表が待ち遠しいモデルだ。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

トヨタ/アルファード
トヨタ アルファードカタログを見る
新車価格:
359.7万円775.2万円
中古価格:
20万円2,209.7万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アルファードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルファードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルファードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルファードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルファードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる