ホテル並の超豪華な仮設トイレって?! 活躍間違いなしの最新仮設トイレ事情【未来モビリティ総研】

画像ギャラリーはこちら
臭い・汚い・暗いという、あまり良いイメージを抱かない仮設トイレ。屋外イベントや工事現場などで活躍しているが、近年災害時にトイレとしての役割としてではなく、もっと活用できるのでは? と注目を集めている。今まで深く考えたことがないであろう、仮設トイレにフォーカスにして、今注目されている理由を解明する!

>>仮設トイレってウソだろ?! 超豪華な室内を画像でCHECK

目次[開く][閉じる]
  1. 意外とお安い!? 仮設トイレの秘密
  2. トイレが備蓄倉庫に変身? メーカーもびっくりのトイレの使い方とは?
  3. 移動式仮設トイレはホテル並みに超豪華

意外とお安い!? 仮設トイレの秘密

仮設トイレってよく見るけど、実はよく知らないですよね? 日本には仮設トイレを手がけるメーカーが5社存在。トラックにいかに多く載せられるか? が勝負ゆえに、各メーカーのサイズはほぼ一緒だとか。ちなみにコチラの一般的な仮設トイレは、2トントラックに8台積むことができるという。価格はおおよそ20万円程度だ。

クルマのように頻繁にモデルチェンジをしている印象はないが、家庭用トイレと同じように節水に力を入れるなど、着実に進化もしているのだ。

▼もしもの時のため! 揃えておきたいクルマ用防災グッズはコチラ▼

トイレが備蓄倉庫に変身? メーカーもびっくりのトイレの使い方とは?

仮設トイレの紹介はこれくらいにして、いよいよ本題へ。今回取り上げるのは、よく見る仮設トレイではなく、コチラのユニバーサルトイレだ。

クルマ椅子の方でも利用できる「誰でもトイレ」のいわば仮設版だ。もちろんトイレなのだが、大地震や台風などに備えて“備蓄倉庫”として多くの自治体が導入しているという。

トイレに非難用の毛布や食料を補完するなんて……と思うかもしれないが、トイレとして使用する前なら、いわば“物置き”である。“誰でもトイレ”なので赤ちゃんのオムツ替えや女性には嬉しい更衣室などにも使用できるとして注目を集めているのだ。ちなみに一般的な仮設トイレの約10倍の200万円だという。

移動式仮設トイレはホテル並みに超豪華

じつは仮設トイレには、こんな超豪華なモデルも存在するのだ。軽トラックの荷台に個室トレイを備えたもの。ウォシュレットはもちろんのこと、エアコンやベビーチェアー、さらには洗面所まで至れり尽くせり。現在はVIP向けやドラマの撮影現場で活躍しているという。もしかしたら、あの憧れのスターたちが使っているかもしれない!!

さらには、小型トラックをベースにしたユニバーサルトイレカーも用意されている。狭そうなんて思うなかれ、クルマ椅子が車内で360度の方向転換ができるなど、かなり広いのだ。

どちらのモデルも車内空間を有効活用し、まず食料などの避難グッズを積んで移動し、被災地で物資を降ろしたあと、トイレとして活用するなど、使い道は無限大。

汚くて、臭いイメージの仮説トイレは今ここまで進化している。移動式備蓄倉庫として、はたまた更衣室として、本来の役割以上に活躍しそうだ。

毎週月曜日は未来モビリティ総研の日!

休み明けであまりやる気が出ない月曜日……。そんなあなたもワクワクしちゃうような未来のクルマ社会を紹介します。 昼休みに同僚に話すのもよし! 酒の肴にするのもアリ! といったイメージで、楽しい未来をマジで考えてしまおう♪ という企画です。

来週の月曜日は「超アナログな輸送システムをIT化」をお送りします。今まで、トラックの場所はリアルタイムで把握できていたが、それぞれの荷物が今どこにあるのか? といったコトまでは管理する難しかった。だが、あるアイテムの登場により、荷物そのもののリアルタイムの居場所を管理できるように! そんな超画期的な輸送の未来をお届けします。

ちなみに先週は「打倒コロナウイルス」と目標を掲げ、リモートワークでも仕事はきちんとできるか? をガチ検証! 気になる詳細はコチラの記事をCHECK▼

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... THE KEY HIGHLAND NASU(ザ・キー・ハイランド・ナス)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる