超絶景スポットで仕事は進むのか? アウトドアでリモートワークをガチ検証【未来モビリティ総研】

  • 筆者: MOTA編集部 木村剛大
  • カメラマン:佐藤 正巳
画像ギャラリーはこちら
世界的に猛威を奮っているコロナウイルス! その影響から在宅勤務を推奨する企業も増えてきた。でも、在宅ってテレビとかコタツやベッドなど、色々誘惑もあるワケで……。かと言って近くのカフェも集中できなさそうだし……とホントに仕事ができるか自信がないっ! ってひとも多いハズ。そこで編集部の若手二人がガチで検証してみた!!

>>キャンプ道具✕大人3人乗っても超余裕! リモートワークにピッタリのクルマはコレ

目次[開く][閉じる]
  1. インスタ映え必須の絶景スポットで仕事は捗る?
  2. 対称的な性格のふたり! 外での仕事に向いているタイプは?
  3. オフィスはもういらない!?

インスタ映え必須の絶景スポットで仕事は捗る?

リモートワークを自宅近くのカフェでやってもテンションが上がらない! しかも人の多いところだと感染症が心配……ならば都会に比べて人も少ないアウトドアスポットで検証することに。選んだのは、富士山近くのキャンプ場だ。

大義名分は超キレイな景色を見ながら仕事をすればいい結果が出せるのだ! と編集長トクダを半ば強引にダマして(!?)決行。行きたかっただけ! なんて本当のことは言えないですからね…。

ここまで読むと遊んだだけに見えるかもしれないが、ガチで2つ検証した。1つは集中力編と題して、入社試験などで使われるクレペリンという計算問題を解くことに。キャンプ場とオフィスではどちらが早く解けるかを争う。

ふたつ目は編集部らしく企画を立案する想像力編だ。こちらもキャンプ場とオフィスでそれぞれ考え、最終的に編集長にジャッジしてもらうという内容だ。

ちなみに今回使ったクルマは日産 エクストレイル! その詳しい内容はコチラ

▼動画はこちら▼

対称的な性格のふたり! 外での仕事に向いているタイプは?

ここで参加メンバーのワタクシ木村(以下キム)と野村(以下ノム)を簡単に紹介。キムは普段から集中力に欠けるタイプで、なにか誘惑があるとそれにスグ乗っかってしまうダメな人。対するノムはパリピみたいな見た目なのに、バカがつくほどのマジメくん。という真逆の二人だ。

検証前に二人の事前予想を書いておく。キムは絶対に仕事にならないとコメント。一方のノムは新鮮な場所なら絶対に効率は上がる! とコチラも真逆の意見。果たしてどーなるのか?!

集中力アップできるのはどっち?

1つ目の検証「集中力編」は、スバリ人によって違う! という衝撃的な答えが。詳しい検証内容は、クレペリンという計算問題をオフィスとキャンプ場でそれぞれ5回チャレンジ。その平均タイムで争うという戦いだ。

詳しいタイムは表の通りだが、自信満々だったノムは案の定キャンプ場の方が4秒も早いタイムを叩き出した。一方のダメ人間キムは、なぜか会社のほうが7秒も早いという結果に。集中力に限っていえば、その人の性格によって左右されるようだ。

クリエイティブになるのはどっち?

さて2つ目の「想像力編」は、それぞれの場所で2つずつ企画を考え、最後に編集長トクダがジャッジ。オフィスとキャンプ場のどちらが面白い企画が生まれるのか? というもの。

マジメくんノムは、オフィスで生まれた企画はすべてボツ。そう、キャンプ場で考えた企画が見事に採用! 一方のダメ人間キムは、”強いて”選ぶならキャンプ場で生まれた企画、という中途半端な結果に……。

どうやら想像力は、キャンプ場のほうがいいようだ。オフィスだと嫌いな上司や(ん、オレのことか!? by編集長)煩わしい雑務がある(マジメにやれ、マジメに! by編集長)が、空気のおいしいキャンプ場などではクリアな気持ちで面白い企画が生まれやすいということのようだ。

オフィスはもういらない!?

前例がないので何とも言い難いが、キャンプ場などのアウトドアという環境に向いている仕事はクリエイティブな職業のようだ。

自分のデスクを持たないフリーアドレスオフィスやリモートワークなど、働き方改革が叫ばれている今、今回のようにきれいな景色の中で仕事をしてみるのもアリかもしれない!

いずれにしても、今回はあまりに環境がよすぎてリラックスしてしまったので、次回はもっと集中できるように緊張感のある「エクストリームスポット」で検証をしていきたい。もし試してほしいコトがあれば、コメント記入をお願いします。場所でも内容でもかなわないのでぜひ!

毎週月曜日は未来モビリティ総研の日!

休み明けであまりやる気が出ない月曜日……。そんなあなたもワクワクしちゃうような未来のクルマ社会を紹介します。 昼休みに同僚に話すのもよし! 酒の肴にするのもアリ! といったイメージで、楽しい未来をマジで考えてしまおう♪ という企画です。

来週の月曜日は「仮説トイレが世界を救う?!」をお送りします。工事現場やフェスなどでよく見る“あの仮説トイレ”の新たな使い方や魅力をご紹介!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる