未体験者は行ってほしい! 「東京オートサロン」ってどんなイベント? 東京モーターショーとの違いとは?

画像ギャラリーはこちら
毎年1月の第2週の金~日曜日にかけて開催されている東京オートサロン。2020年は1月10日から12日に開催される。

東京オートサロン2020特設ページはこちら!

自動車業界的にはオートサロンに来ると「新年が始まったなァ」と思う恒例行事となっているが、そもそもオートサロンとはどういったイベントなのか、初めてオートサロンに参加する人に向けて、どんなイベントなのかを説明していく。

>>オートサロン2020出展予定の車両はコレだ!+オートサロン2019のカスタムカー&コンパニオンを写真で見る!

目次[開く][閉じる]
  1. 東京モーターショーと東京オートサロンの違いって?
  2. 昔はアングラ感の漂うイベントだった?
  3. オートサロンのもう一つの目玉!?

東京モーターショーと東京オートサロンの違いって?

日本で行われる大規模な自動車イベントとして知られているのが、2年に1度行われている東京モーターショーだろう。昨年開催された第46回東京モーターショーは、久しぶりに来場者が100万人の大台を突破し話題となったことも記憶に新しいところだ。

そんな東京モーターショーはどちらかというと自動車メーカーが中心となって、未来の車両などを発表する場となっている。それはまもなく販売がスタートする新型車から、数年~数十年先を見据えたコンセプトカーまでさまざまだが、新型車や新技術の展示がメインとなっている。

一方オートサロンは、一言で言ってしまえばチューニングカー&カスタムカーの祭典といったところ。そのため、登場したばかりの話題の新型車だけでなく、チューニングのベースとして未だに人気の高い90年代のクルマたちや、もっと古い70年代の名車まで非常に幅広い年代の車種が並ぶ点がモーターショーとの大きな違いだろう。

昔はアングラ感の漂うイベントだった?

オートサロンの始まりは1983年までさかのぼる。当時は東京オートサロンではなく「東京エキサイティングカーショー」という名前で開催されており、出展者もチューニングパーツメーカーやチューニング&カスタムショップが中心で、どちらかというとアンダーグラウンドな雰囲気すら漂うものだった。

そして1987年には現在の「東京オートサロン」へと名前を変更し、99年からは現在の会場である幕張メッセへと移動して現在に至るというわけだ。

当初は前述のようにチューニング&カスタム系のメーカーやショップが中心となっていたオートサロンではあるが、近年では自動車メーカーも積極的に参加をし、東京モーターショーに並ぶ規模の展示をするメーカーも珍しくなくなっている。

また、カスタマイズユーザーから注目を集める車種などについては、モーターショーではなくオートサロンを発表の場に選ぶこともあり、過去にも95年の「R33型日産スカイラインGT-R」や2000年の「トヨタ bB」などがオートサロン会場でデビューしているのだ。

2020年のオートサロンでも、現在発表されているだけでもトヨタのGRヤリスが世界初公開となるほか、ホンダの純正アクセサリーなどを手掛けるホンダアクセスのブースではすでに絶版車となったS2000やEK9型シビック タイプRをベースとしたカスタマイズカーを展示予定となっており、メーカー系ブースの力の入れようにも注目したいところだ。

オートサロンのもう一つの目玉!?

そして、もはやオートサロンもう一つの目玉と言っても過言ではないのが、各ブースに立つコンパニオンのお姉さん(とお兄さん)だろう。ブースによって違いはあるが、モーターショーでは見られないような“過激な衣装”を身にまとったお姉さんたちへの注目度もハンパない。

純粋にクルマを見たい人にとっては困りものの演出と思われるかもしれないが、もはやこれもオートサロンの醍醐味(?)のひとつであり、ある意味なくてはならない風物詩と言えるかもしれない。

ということで、新車好きから旧車好き、そしてお姉さん好き(?)にも楽しめるオートサロン。まだ未体験の人は足を運んでみてはいかがだろうか?

【随時更新!】東京オートサロン2020情報TOPページはこちら!

[筆者:小鮒 康一]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ
この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる