新型スカイラインの2022年フルモデルチェンジは実現できるのか!? 星野副社長“日産はスカイラインをあきらめません”発言が具体化する日はいつか

画像ギャラリーはこちら
2021年6月に大手経済新聞紙上に“日産の象徴「スカイライン」開発中止へ”と報じられた記事に対し、日産自動車の星野副社長が『日産はスカイラインをあきらめません』と宣言し話題となったのは記憶に新しい。しかしこの“あきらめない”というコメントが「マイナーチェンジによる延命策の意味か」「新型が控えているなら“フルモデルチェンジする”と言うはず」と、むしろ日産ファンたちをやきもきさせる結果となった。果たして新型スカイラインはどうなっていくのだろうか。
目次[開く][閉じる]
  1. まさかのSUV化も!? スカイラインを巡る情報が錯綜している
  2. ヒントは“Z”に!? 現行V37型スカイラインのプラットフォームを流用したモデルチェンジを実施か
  3. 現行型デビューから8年目、2022年の新型スカイライン プロトタイプ発表に期待!

まさかのSUV化も!? スカイラインを巡る情報が錯綜している

日産 星野副社長の発言を機に、SNS上では次期型スカイラインについての論争が拡がっている。なにせ日産 スカイラインのファンは、日産好きの中でも飛び切り熱いことで知られている。新聞報道がガセであったことに安堵するいっぽうで、「スカイラインはやめない」ではなく「あきらめない」という曖昧な表現に引っかかっているファンは多いようだ。

同じように古くから続く老舗ブランドの「トヨタ クラウン」も、やはり新聞のすっぱ抜きで「次期クラウンがSUVになる」と報じられ、大きな反響となった。

「スカイラインも名前だけ継承したSUVになるのでは」と疑心暗鬼になっている声が特に多く聞かれる。

ヒントは“Z”に!? 現行V37型スカイラインのプラットフォームを流用したモデルチェンジを実施か

ここへきて、新型スカイラインはビッグマイナーチェンジかそれに近い規模のフルモデルチェンジで乗り切るのではないか、という説が浮上している。

前例は身近にある。ズバリ、新型フェアレディZのことだ。

2022年にも正式発売される見込みの新型フェアレディZはデザインを一新。V6 3リッターツインターボを搭載するなど、大きく変貌を遂げたが、実際のところ基本的な骨格(プラットフォーム)は現行のZ34型フェアレディZから多くを流用している模様だ。400馬力を誇るツインターボエンジンももともとはスカイライン 400R用だった。

とはいえ、こうしたことは他社を含め普通に行われていることでもある。

現行型デビューから8年目、2022年の新型スカイライン プロトタイプ発表に期待!

その新型フェアレディZのプラットフォームの源流をたどれば、スカイラインとも共通するFR-Lプラットフォームであり、2001年登場のV35型スカイラインからかれこれ20年に渡り改良に改良を重ねながら使い続けているものだ。ただしZ34型フェアレディZが登場した2008年の時点で、かなり大きな改良を実施。ほぼZ専用設計の仕様となっている点は強調しておく。

スカイラインについても、先進運転支援機能「プロパイロット2.0」を搭載するなど、最新モデルでもプラットフォームにも影響を及ぼす改良は常に行われている状況だ。2001年時点でのFR-Lプラットフォームとは、既に別物の状態と言って良いだろう。

現行型V37スカイラインの登場は2014年だからデビューから7年が経過している。2019年7月には大規模なマイナーチェンジを実施しているとはいえ、それからも既に2年が経過している。フルモデルチェンジは待ったなしの状況だ。

プロパイロット2.0やコネクティッド機能に最適化された内装デザインに進化

さて、新型スカイラインのあるべき姿について予想してみよう。

長年に渡り改良を重ね熟成を図ってきた基礎をベースにしながら、新型スカラインでは新時代に相応しいエクステリアデザインに刷新される。新型フェアレディZで行われたように、歴史的な過去モデルをモチーフにしたデザインが与えられるかもしれない。

内装については、プロパイロット2.0などの自動運転レベル2に相応しい先進的なレイアウトに改められるはずだ。具体的にはディスプレイの大型化や、ボイスコマンドによる操作の改善などが挙げれられる。

エンジンについては現行型を踏襲しV6 3.5リッターハイブリッドを中心に展開されるだろう。販売台数の拡大があまり望めない縦置きレイアウト(FR系)の新パワートレイン開発はなかなか厳しい状況ではあるが、日産独自のe-POWERなど、最新のハイブリッド技術の導入も検討して欲しいところだ。

もちろん、2021年9月6日段階で新型スカイラインに関する日産からの公式発表は皆無だ。同社の中期経営計画などにも“スカイライン”の文字はまだ現れていない。

しかしフェアレディZのように先行してプロトタイプを発表の上、2022年中もしくは2023年早々にもフルモデルチェンジを実施する流れを大いに期待したいところである。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダトオル/撮影:小林 岳夫・NISSAN]

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
34.7万円1,100万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる