カラバリは全13色と多彩! 日産 キックスe-POWER 新型車解説 デザイン&インテリア編

画像ギャラリーはこちら
日産が10年ぶりの新型車となるコンパクトSUV“キックス e-POWER”を2020年6月に導入した。2010年にデビューし好評だった初代ジュークの後継モデルとなるキックスの詳細について、国内外の新型車事情に精通するカーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏が徹底解説する。第2弾は日産のキックス e-POWER個性的な内外装デザインや室内の広さ、そしてシンプルなグレード構成についてご紹介!

>>カラバリは全13色と多彩! 日産 キックスe-POWERをもっと見る![画像24枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 日産 キックス e-POWERはシンプルな2グレード構成
  2. 比較的上質なインテリア
  3. キックスの室内の広さをヴェゼルやC-HR、CX-30などと徹底比較

▼新型キックス関連記事

日産 キックス e-POWERはシンプルな2グレード構成

日本で販売されるキックス e-POWERのグレード構成はシンプルだ。

ノーマル(ガソリン・ノンターボ)エンジンなどは用意されず、シリーズ式ハイブリッドの“e-POWER”(イーパワー)のみの設定となる。

駆動方式も前輪駆動の2WDだけで4WDは選べない。グレードはX(価格は275万9900円)とX ツートーンインテリアエディション(286万9900円)の2種類に絞った。

ノーマルエンジンを用意しない理由を日産に尋ねると「いわゆる選択と集中」と返答された。

キックス e-POWERはタイの日産工場が生産する輸入車だから、もともと豊富なグレードは用意しにくい。日産は昨今の業績も悪く、開発費用をなるべく安く抑えたい事情があった。

また日本ではe-POWERの人気が高く、例えばコンパクトカーの“ノート”ではe-POWERの販売が大半を占める。

ミニバンの“セレナ e-POWER”の場合は、高価なe-POWER搭載モデルの売れ筋価格帯が350万円前後と高く、セレナにおけるe-POWERの販売比率は35~40%に留まるが、それでもやはりe-POWERは主力と言って良い。

こういった事情もあり、キックスはe-POWERの2WDモデルに絞って導入されることとなった。

日本の混雑した街中や駐車場でも扱いやすいサイズ

日産 キックスe-POWERのボディサイズは、全長が4290mm、全幅は1760mm、全高は1610mmとされ、他社のコンパクトSUVではホンダ ヴェゼルなどに近い。

以前のジュークに比べると、全長は約160mm伸びた。

フロントマスクには、日産車を象徴するVモーショングリルが装着され、ボディサイドの形状は水平基調だ。比較的シンプルで、前後左右ともに視界が良い。

ボディがコンパクトで最小回転半径も5.1mに収まるから、3ナンバーサイズのSUVでありながら、日本の混雑した街中や駐車場でも運転しやすい。

比較的上質なインテリア

キックス e-POWERの内装は比較的上質に仕立てられている。

キックス X ツートーンインテリアエディションを選ぶと、シート生地を含めて、車内の質感がミドルサイズSUV並みに高まる。今のコンパクトSUVは、ヴェゼルやマツダ CX-30などを含めて全般的に上質になり、キックスもこの流れに合わせた。

キックスの室内の広さをヴェゼルやC-HR、CX-30などと徹底比較

キックス e-POWERのプラットフォームは現行マーチから採用が開始された「Vプラットフォーム」で、ノートも同じタイプを使う。空間効率が優れ、後席と荷室も広い。身長170cmの大人4名が乗車して、キックスの後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ分だ。

例えばライバル車のひとつであるマツダ CX-3の後席膝先空間は握りコブシ1つ弱、先代ジュークやマツダ CX-30の握りコブシ1つ半に比べると,余裕を持たせた。少し車体の大きいトヨタ C-HRと同等の広さを確保した。

ただし最大のライバルとなるホンダ ヴェゼルの膝先空間、握りコブシ2つ半ほど広くない。

ヴェゼルは燃料タンクを前席の下に搭載するので、ほかの車種に比べるとボディ後部の空間効率が大幅に高く、後席の足元空間と荷室容量を拡大できた。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:日産自動車・MOTA編集部]

次回e-POWERの燃費編更新は7月8日!

日産 新型キックス e-POWERの詳細解説、第2弾はいかがでしたか。コンパクトクラスなので室内の広さや使い勝手の良さを確認することは重要ですね。

次回の新型キックス e-POWER 詳細解説はe-POWERの燃費編をお届け。ライバルのコンパクトSUV各車との比較を交えてご紹介します。こちらは7月8日に公開予定です。お楽しみに。

主要スペック

日産 キックス 主要スペック比較表
グレード名XX ツートーンインテリアエディション
全長×全幅×全高4290mm×1760mm×1610mm4290mm×1760mm×1610mm
ホイールベース2620mm2620mm
駆動方式2WD(FF)2WD(FF)
エンジン種類HR12DE(EM57)HR12DE(EM57)
総排気量1.198L1.198L
価格275万9900円286万9900円

※スペックは日産社内測定値 。価格はいずれも消費税込み

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円287万円
中古価格:
19.4万円108.1万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雄琴温泉 びわ湖花街道
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 キックスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キックスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キックスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キックスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる