Hyundai Motor Company IONIQ 6のコンセプトスケッチを発表


・EVの新時代を見据えた、エアロダイナミクスに基づく造形のストリームライナーのシルエットを
 明らかにする、デザインコンセプトスケッチを披露
・IONIQ 6の時代を超えたユニークなデザインの全貌も今月中に発表


  ソウル、2022年6月21日 – Hyundai Motor Companyは、Hyundaiの電気自動車専用ブランドであるIONIQラインアップから2番目のモデルで、大きな期待を込めたIONIQ 6のデザインコンセプトスケッチを発表しました。

 このコンセプトスケッチで浮かび上がるのは、IONIQ 6のユニークな流線形のシルエットです。HyundaiのコンセプトEVであるProphecyにインスピレーションを得たIONIQ 6は、すっきりとしたシンプルなラインと、エアロダイナミクス的にピュアなフォルムを備えた「Electrified Streamliner(エレクトリファイド ストリームライナー)」と表現されることになります。ストリームライナーに分類されるデザインであることは、このスケッチからも明らかですが、これは電動モビリティの時代における顧客の美的なニーズと機能的なニーズの両方に応えたいという、Hyundaiのデザイナーの意気込みを示しています。

 IONIQ 6は、Hyundai Motor GroupのElectric Global Modular Platform(E-GMP)を活用した結果、長いホイールベースと最適化されたインテリアデザインとなっています。

 IONIQ 6の他の画像も、近日中にHyundai公式ソーシャルメディアチャンネルとIONIQ 6キャンペーンページ( https://ioniq6.hyundai.com)で公開される予定です。近日中には、Hyundai Motor Companyはこの新しいエレクトリファイドストリームライナーのエクステリアとインテリアのデザインを完全に公開する予定です。

Hyundai(ヒョンデ)について
 1967年に設立されたHyundai Motor Companyは、世界200カ国以上でトップクラスの自動車とモビリティサービスを提供しています。2019年に440万台以上の自動車を販売し、現在、世界で約12万人の従業員を雇用しています。また、より持続可能な未来の到来を見据えた製品ラインアップを強化するとともに、現実のモビリティ課題に対する革新的なソリューションを展開しています。Hyundaiは、このプロセスを通じて人と人とのつながりを活性化し、お客様に質の高い時間をご提供するスマートモビリティソリューションにより、「Progress for Humanity(プログレスフォーヒューマニティ)」=人類のための進歩を促進することを目指しています。

日本法人名   :Hyundai Mobility Japan株式会社
設立   :2000年1月7日
本社   :神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-1 みなとみらいセンタービル16階
代表者名   :代表取締役社長 李 正旭


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 西村屋本館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる