autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース シトロエン C3にコーヒーの色彩をまとった特別仕様車が登場

自動車ニュース 2018/6/8 14:44

シトロエン C3にコーヒーの色彩をまとった特別仕様車が登場

シトロエン C3 特別仕様車「CAFE EDITION(カフェエディション)」
シトロエン C3 特別仕様車「CAFE EDITION(カフェエディション)」シトロエン C3 特別仕様車「CAFE EDITION(カフェエディション)」シトロエン C3 特別仕様車「CAFE EDITION(カフェエディション)」シトロエン C3 特別仕様車「CAFE EDITION(カフェエディション)」画像ギャラリーはこちら

プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトハッチバック「C3」に様々なコーヒースタイルに着想を得た特別仕様車「CAFE EDITION(カフェエディション)」を2018年6月8日より発売した。価格は252万円(消費税込)。

新型C3は、発売から7ヶ月で先代モデルの年間最高販売台数(2012年に1168台)を上回る1223台の登録台数を記録している。

今回設定したC3 カフェエディションは、豆の品質やトレーサビリティ、焙煎、挽き方などこだわりの1杯をサーブするサードウェーブコーヒーと呼ばれる新たなカフェ文化にインスパイヤされたモデルである。

ノアール、エスプレッソ、カフェクレーム、カフェオレなど様々なスタイルで楽しむコーヒーの色彩をまとったカラーコーディネートが特徴で、エレガントな専用ステッカーをフロントドアにあしらっている。また、ホイール&タイヤは、17インチの大径タイプで足元をアップグレードし、ボディカラーによってツートーンかオールブラックホイールを組み合わせた。

内装は、通常モデルに設定のないライトブラウンの人工皮革をアクセントとしたツイード柄の上質なファブリックシートに、運転席センターアームレストを追加してアップグレード。レザーステアリングホイールやダッシュボードにもライトブラウンをあしらい、インテリアの特別感を高めている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

シトロエン C3 の関連編集記事

シトロエン C3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン C3 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR