autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、プリウスに世界初の“フレックス燃料ハイブリッド”を搭載した試作車を公開

自動車ニュース 2018/3/20 10:20

トヨタ、プリウスに世界初の“フレックス燃料ハイブリッド”を搭載した試作車を公開

トヨタのハイブリッドFFV試作車

トヨタのブラジル生産・販売事業を担う事業体であるToyota do Brasil(ブラジルトヨタ)は、ガソリンに加えてエタノールなどのアルコールを燃料として走行できるフレックス燃料車(Flexible-Fuel Vehicle:FFV)に、世界で初めてハイブリッドシステムを搭載した試作車(ハイブリッドFFV)をブラジルのサンパウロ市でトヨタが主催したイベントで初公開した。

同イベントには、サンパウロ州政府やサトウキビ産業協会(UNICA)など産官学の関係者が出席した。

>>公開されたばかりのフレックス燃料ハイブリッド車を画像でチェック!

ハイブリッドFFVは、ハイブリッド車の普及やCO2排出量削減を通じた環境貢献を目指して、トヨタが日本とブラジルで開発を進める新たなパワートレーンシステム。

エネルギー効率の高さやCO2排出量が少ないハイブリッド車の性能をベースに、生長過程でCO2を吸収して実質的なCO2排出量を抑えられる植物由来の再生可能エネルギーを使うことで、総合的なCO2排出量を大きく低減させるポテンシャルがある。走行実証には、現在ブラジルで販売するハイブリッド車「プリウス」に同システムを搭載した試作車を用いている。

2050年までにCO2排出量2010年比「90%削減」に向けて

トヨタ調べによると、植物の生長過程からエネルギーとして車で使われるまでのCO2総排出量で比較すると、一般的なFFVに比べて、ハイブリッドFFVは、特にサトウキビ由来のエタノールのみを燃料とする場合、排出量を大きく削減できると試算している。

ハイブリッドFFVの開発は、2050年までにグローバル新車平均走行時CO2排出量の2010年比「90%削減」や車両のライフサイクルでのCO2排出量ゼロを目標とする「環境チャレンジ2050」における新たな取り組みのひとつでもあり、2030年にはグローバル販売台数における電動車を「550万台以上」とする電動車普及に向けた取り組みの一環でもある。

トヨタの専務役員および中南米事業の本部長で、ブラジルトヨタの会長を務めるスティーブ・セントアンジェロ氏は、「ブラジルトヨタのエンジニアが日本の技術者と力をあわせて、エタノールを用いた世界で最もクリーンなハイブリッド車をブラジルのお客様のために開発していることを嬉しく思います。今回の試作車は、新たなモビリティ社会を目指して、新たな技術に取り組む象徴となります」と語った。

トヨタは、今後ブラジルでのテスト走行を通じてデータを収集し、ブラジルにおける実用化に向けて、ハイブリッドFFVの耐久性やパワートレーン性能などの検証を進めていく。

トヨタ の関連編集記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連編集記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!