BMW、圧倒的な走行性能を実現させた新型M3 CSを30台限定で発売

ビー・エム・ダブリューは、M3 CSを国内30台限定で2018年2月20日より販売開始した。同モデルは2017年に発売したM4 CSと同等の圧倒的なサーキットパフォーマンスを実現している。価格は1578万円(消費税込)。

>>新型M3 CSを画像で見る(16枚)

M3は、サーキットでの圧倒的な走行性能と、4ドアモデルとして日常走行での実用性を高次元で融合させたドライビングマシンである。M3 CSは、M3のラインアップの中でも走行性能をさらに磨き上げたM3コンペティションをベースとし、そこからさらに、サーキットでのパフォーマンスを飛躍的に高めたモデルである。

M3 CSに搭載される3リッター直列6気筒Mツインパワーターボエンジンは、M3コンペティションよりも最高出力を10psアップし、トルクも50Nm増大させている。これにより、M3 CSはスーパースポーツカー並みの走行性能を実現し、0-100km/hの発進加速タイムは4秒を切る3.9秒(ヨーロッパ測定値)となっている。

なお、今回のM3 CSの発売と同時に、M4 CSの2018年生産モデルも一部の装備を追加し、販売価格の改訂を行い、1630万円(消費税込)とした。

M3 CSの内外装デザインの特徴

エクステリアは、M3 コンペティションの存在感と躍動感を活かしながら、CFRP製の専用フロント/リアスポイラーや、リアディフューザーを採用することで、スポーティな個性をより強調すると共に、軽量化と路面への密着性を高めることで走行性能を向上させている。

また、M3 CSは、CSモデル用に専用開発されたオービットグレイの軽量化鍛造アロイホイールを、フロント19インチ、リア20インチで装備している。このホイールは、高い走行性能を高次元でサポートすると共に、デザインはドイツツーリングカー選手権(DTM)のスタイルから発想されたものであり、BMW 2002のオマージュのようなカラーテーマと共に、サーキットに映える特別な演出となっている。

内装には、軽量化されたセンターコンソールを採用することで、高い走行性能をサポートしている。シートには、スポーティで洗練されたブラックを基調とし、シルバーのアクセントが添えられたブラック&シルバーストーンのメリノレザーシートを採用すると共に、M3 CSと刻まれた専用レタリングによって特別なモデルであることを印象付けている。

M3 CSの走行性能

M3 CSは、4本のテールパイプ付きツインフロースポーツエグゾーストシステムを装備することで、躍動感あるデザインをより強調すると共に、Mモデル特有のスポーティなエンジンサウンドを生み出す。

また、CSモデル専用に調整されたアダプティブMサスペンションや、アクティブMディファレンシャルによって、各システムの介入程度等を細かく調整可能なため、ドライバーの要求に応じて、苛酷なサーキット走行から街中での安定した日常走行まで愉しむことが可能だ。

M3 CSに搭載されたアダプティブMサスペンションは、コンフォート、スポーツ、スポーツ+の3つのモードからモードを選択可能で、走行状況に応じたダンパー設定を選択することが出来る。

市街地では、コンフォートモードを選択することで最適化された走行快適性を実現し、高速走行時ではスポーツモードによってダイナミックな走りを体感することが可能。サーキット等ではスポーツ+モードを選択することで、サスペンションが最も硬く設定され、モデルが持つ運動性能を最大限活かすことが可能となる。

アクティブMディファレンシャルは、様々な走行環境下において高水準なトラクションと安定性を実現する。ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)と常に連携し、アクセル・ペダルの踏み込み度合い、ホイール回転数、ヨーレートも考慮し、走行状態に応じて素早く確実に反応する。

特に、サーキットなどの過酷な走行条件では、コーナーでの加速や、路面の摩擦係数の変動などの情報を常に収集し、各システムがトラクションを最適化させ、車両の安定性を確保する。

通常は、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)によって、エンジンとブレーキを制御することで、アンダーステアやオーバーステアの挙動を抑制し、車両の安定性を確保するが、M3 CSのMダイナミック・モード(MDM)は、ホイールスリップの許容範囲が拡大され、軽度のドリフト走行を可能にする。そのため、特にサーキットでのスポーティでダイナミックな走行を愉しむことが可能である。

M3 CS 車両諸元(ヨーロッパ仕様値)

全長×全幅×全高:4671×1877×1424mm/ホイールベース:2812mm/車両重量:1585kg/排気量2979cc/エンジン:直列6気筒ガソリンエンジン/最高出力:460PS(338kW)/6250rpm/最大トルク:600Nm/4000-5380rpm

BMW/M3
BMW M3カタログを見る
新車価格:
1,066.5万円1,323.1万円
中古価格:
168万円570万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW M3の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW M3のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW M3の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW M3の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW M3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる