日野、路線バスのブルーリボンハイブリッドやレインボー新型モデルを発売

平成28年排出ガス規制に適合、LEDヘッドランプを採用

日野 新型ブルーリボン ハイブリッド

日野自動車は、大型路線バスのブルーリボン ハイブリッドとブルーリボン、および中型路線バスのレインボーを改良し、ブルーリボン ハイブリッドとブルーリボンは8月8日に発売、レインボーは8月29日より販売開始する。

価格(消費税込)は、新型ブルーリボン ハイブリッドが3122万8200円、新型ブルーリボンが2636万8200円、新型レインボーが2222万1000円。

主な改良点

今回の改良では、ブルーリボン ハイブリッドに搭載のA05C型エンジン(5.123リッター)の燃費改善、およびハイブリッドシステムとAMTの協調制御による変速の最適化により燃費を向上させ、燃費基準を30%上回る低燃費(※1)を実現した。また、ハイブリッドシステムの制御を改善して、ドライバビリティの向上を図っている。

ブルーリボンも車両総重量14トン超のAMT搭載車型では、燃費基準+15%(※1)を達成。また、全車に尿素SCRを採用して、平成28年排出ガス規制に適合させるとともに、全車のヘッドランプと車幅灯をLED化(※2)した。

※1:燃費基準値4.23lm/L、ブルーリボン ハイブリッド5.50km/L(+30%)、ブルーリボン4.90km/L(+15%)。エコカー減税の燃費区分は+15%を超える区分がないため、いずれも同じ区分となる。

※2:ヘッドランプのLED化はロービーム。ハイビームはハロゲンランプ。

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶六別館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日野自動車の最新自動車ニュース/記事

日野自動車のカタログ情報 日野自動車の中古車検索 日野自動車の記事一覧 日野自動車のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる