autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱自、タイ最大の自動車輸出メーカーに

自動車ニュース 2017/4/28 10:13

三菱自、タイ最大の自動車輸出メーカーに

関連: 三菱
三菱 新型「パジェロスポーツ」

三菱自動車は、2016年度(2016年4月~2017年3月)、タイから309,915台を輸出し、同社としてはじめてタイ最大の自動車輸出メーカーとなったことがわかった。

タイのラムチャバン工場は、三菱自動車のグローバル生産体制の中枢を担う最大の工場で、生産台数の80%以上を世界120カ国以上へ輸出している。

フォトギャラリー>>ラムチャバン工場で生産している7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした「パジェロ スポーツ」

◆ゴーン会長「三菱自動車の事業にとって非常に大きな強み」

4月26日、三菱自動車のカルロス・ゴーン会長は昨年12月の会長就任以来、初めてタイのラムチャバン工場を訪問した。

ゴーン会長は、「年間生産能力424,000台を保有し、世界に通用する生産施設であるタイのラムチャバン工場は、三菱自動車の事業にとって非常に大きな強みです。また、タイからの最大の輸出を達成した工場として、同工場は三菱自動車のグローバル生産拠点の中枢的な役割を担うことになる」と述べた。

昨秋、三菱自動車は年間販売台数1000万台規模を有する世界トップ3の自動車グループとなるルノー・日産アライアンスの一員となった。アライアンスにおいて、三菱自動車のタイ事業は、コスト管理、購買、生産面におけるベストプラクティス(成功事例)の共有により、シナジーを生み出す。購買、物流や生産拠点における改善並びに、アライアンスによる研究開発へのより大きな投資を反映した技術やプラットフォームの共有などが三菱自動車の成長を支える。

ミツビシ・モーターズ・タイランドには、4つの工場があり、従業員数は6000人を超える。昨年度の総生産台数は356,000台で、主な輸出先は、ヨーロッパ(28%)、アセアン・アジア地域(25%)、北米(21%)、オセアニア(12%)、その他(14%)となっている。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

三菱 の関連編集記事

三菱の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 の関連編集記事をもっと見る

三菱 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR
三菱 関連サービス