アストンマーティン「V12 ヴァンテージ S」に7速マニュアル仕様を追加

アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様
アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様

アストンマーティンは、もっとも純粋なエンスージアストを魅了する卓越したスポーツカーを製造するというコミットメントに従い、2017年モデルの製品ラインナップにマニュアル・トランスミッション仕様のV12 ヴァンテージ Sを追加する。

>>アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様の写真を見る

7速マニュアル・トランスミッションの1速ポジションは、クラシックなドッグレッグ・パターンとして、伝統に回帰しながらもドライビング・エンスージアストに歓迎される仕様に仕立てられている。このドッグレッグ・パターンには、6速バージョンの「H」パターンの中に頻繁に使用するギアをすべてレイアウトできるというアドバンテージがある。

新しいマニュアル・トランスミッションには、AMSHIFTが採用されている。このシステムは、クラッチ、シフト・ポジション、プロペラシャフトの各センサー情報と精妙なエンジン・マネージメント・プログラムが相まって、ヒール&トゥによるシフトダウン(ブレーキとクラッチ/シフト操作をしながら、スロットルをブリッピングするドライビング・テクニック)を完璧に再現する。

アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様

さらに、AMSHIFTは、フルスロットル・シフトアップによる最高レベルのスムーズネスを実現するとともに、クラッチ操作による加速の中断を最小限に抑える。

AMSHIFTは、すべてのドライビング・モードで使用できるが、シャープなスロットル・レスポンスとエキサイティングなエグゾースト・ノートを伴うスポーツ・モードで真価を発揮する。特にシフトダウン時のブリッピングは、非常にエキサイティングな咆吼を轟かせる。

アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様
アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様

無償オプションとして設定されるマニュアルV12 ヴァンテージ Sは、通常の量産モデルで、オーダーの際に、マニュアルかスポーツシフトIII(AT)のいずれかを選択することができる。両バージョンは、シャーシ、ブレーキ・パッケージ、6.0リッターV12エンジンなど、トランスミッション以外のすべてが共通。パワー伝達の手段こそ異なるが、V12 ヴァンテージ Sならではのスポーツ・クオリティは、どちらでも堪能することができ、両バージョンともに0~100km/hを3.9秒で加速し、最高速度は330km/hに達する。

アストンマーティン最高経営責任者(CEO)のDr. アンディ・パーマー氏は、「マニュアル・トランスミッションという選択肢によって、V12 ヴァンテージ Sの世界観を拡大することは、運転をこよなく愛するお客様に、よりアナログでドライビングに没頭できるマシンを提供したいという弊社の意欲の表れです。この機会をお借りして、マニュアル・ギアボックスが現在でも弊社の製品計画の重要な要素であり、今後もこの方針に変わりがないことを表明したいと思います。」とコメントした。

製品開発担当ディレクターのイアン・マイナード氏は、「アストンマーティンでは、すべての従業員が自動車エンスージアストです。他とは違う特別なクルマを造ることこそ、我々の使命です。テクノロジーは、我々を進歩へと誘いますが、同時に我々は伝統の大切さも理解しています。純粋な運転の歓びを求める方々は、マニュアル・トランスミッションならではの操作感によるクルマとの繋がりを望んでいます。そのため、我々はアストンマーティンの現行ラインナップの中で、もっとも速く、スポーツに特化したモデルに伝統の流儀を復活させることに大きな歓びを感じています。ハイパフォーマンス・セグメントからマニュアル・トランスミッションが絶滅しようとしている今、マニュアル・バージョンのV12 ヴァンテージ Sは、真に特別な1台だといえるでしょう。」と述べた。

アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様
アストンマーティン V12ヴァンテージ S 7速マニュアル仕様

新しくなったスポーツプラス・パック・オプションには、さまざまなエクステリアおよびインテリア・パーツが含まれる。5種類のボディカラーは、フロントグリル・リップスティック、サイドシル、ミラーハウジング、リア・ディフューザー・ブレードのアクセントカラーと無償で組み合わせることが可能。

さらに、スポーツプラス・パックのエクステリアには、グラファイト仕上げの10本スポーク軽量アロイホイールが装着され、ブラックまたはグレイのレザーにストラ イプやコントラスト・ステッチを組み合わせたインテリア表地は、V12 ヴァンテージ Sのドラマティックなインテリア・テーマを見事に反映している。

2017年モデルのヴァンテージラインナップにおける他の重要な変更点は、V8モデルがV8 ヴァンテージ Sのクーペおよびロードスターバージョンに統合されたこと。V8 ヴァンテージ Sは、機械的な変更はないものの、エクステリアやインテリアのディテールに改良が加えられる。

現行の全ラインナップ共通の変更点は、新しいAMi IIIインフォテインメント・システムの採用。このシステムには、AMi IIから大きな進歩を遂げたサテライト・ナビゲーション・システムが一体化される。

一体化されたグラフィック、迅速で容易な住所入力機能、より早い起動時間、更新可能なマップデータ、グラフィックによるドライブプラン表示、高度交通情報、強化型マップ・グラフィック、音声ガイダンス・オプションの拡充など、さまざまなアップデートが施されている。

またAMi IIIには、車載ディスプレイでiPhoneの機能が使えるApple CarPlayも組み込まれる。

なお、 マニュアル・バージョンのV12 ヴァンテージ Sの納車開始は、2016年第3四半期を予定している。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 炯(けい)
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

アストンマーティン V12ヴァンテージの最新自動車ニュース/記事

アストンマーティンのカタログ情報 アストンマーティン V12ヴァンテージのカタログ情報 アストンマーティンの中古車検索 アストンマーティン V12ヴァンテージの中古車検索 アストンマーティンの記事一覧 アストンマーティン V12ヴァンテージの記事一覧 アストンマーティンのニュース一覧 アストンマーティン V12ヴァンテージのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる