温かみのあるヴィンテージキャンピングトレーラーでオシャレなアウトドアライフを|STROLLERS【東京アウトドアショー2022】

画像ギャラリーはこちら
「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」のアウトドア&ライフスタイル系ゾーンに、一台の小さなキャンピングトレーラーが置かれていた。見るからにクラシックなフォルムと意匠を持つそれは、ドイツの老舗キャンピングメーカー「HYMER(ハイマー)」の名声を築いた「ERIBA(エリバ)」。小さなブースに収まってしまうほどコンパクトさに、多くの来場者が足を止めていた。
目次[開く][閉じる]
  1. この手があったか! 欧州で愛されるヴィンテージ キャラバンで車中泊の旅を
  2. 初代ミニでもけん引可能!? 小型軽量ボディながら大人2名の就寝が可能
  3. オシャレ過ぎでしょ! レトロ調ではない、本物だけが醸し出せる雰囲気にメロメロ

この手があったか! 欧州で愛されるヴィンテージ キャラバンで車中泊の旅を

エリバを展示したのは、フィルクスワーゲンの空冷モデルを得意とする千葉県のSTROLLERS。同社では、1985年以前に発売された欧州製ヴィンテージ・キャラバン(キャンピングトレーラー)の輸入も行っている。

同社が販売するヴィンテージ・キャラバンのポイントは牽引免許が不要なこと。TOKYO OUTDOOR SHOW 2022に持ち込まれた1978年式のハイマー エリバも車重が370kgしかないので、牽引免許は必要ない。展示モデルは「パック」という仕様で、価格は税込で250.8万円。

初代ミニでもけん引可能!? 小型軽量ボディながら大人2名の就寝が可能

ハイマー・エリバは、本体の自重を自らのタイヤが受け持つように作られているため、連結部にかかる重さが軽く、初代ミニや小型のフィアットなど、小さな乗用車でも牽引できるよう設計されている。

全長約4m・全高約1.6mというサイズは、一般的に想像されるキャンピングトレーラーよりもかなりコンパクトだが、幅が1.9mオーバーなので車内は十分に広く、大人2名の就寝を可能とするスペースが確保されている。

オシャレ過ぎでしょ! レトロ調ではない、本物だけが醸し出せる雰囲気にメロメロ

ポップアップルーフを上に伸ばせば、キッチンに立って調理も可能だ。車種によって差はあるものの、装備は豊富で、展示車ではシンク・ガスコンロ・冷蔵庫・外部電源・FFヒーターなどを備えていた。

そして何よりヴィンテージ・キャラバンの魅力は、レトロ調ではなく、ホンモノだけが醸し出せる内外装の雰囲気だ。1960〜70年代の欧州製品は「良いものを長く」という傾向が強く、ハイマー・エリバの仕上がりも極めて高品質。

展示されていたエリバも、ノンレストアながら当時のままといってよい状態を保っていた。

快適で温かみがあるヴィンテージ・キャラバンを、いつも乗るクルマにちょこんと繋げて大自然の中で過ごすという、素敵な欧州的スタイル。考えただけでもワクワクしてしまった。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二]

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる