キャンピングカーもびっくり! 移動可能なログハウス、BESS「IMAGO」はもはや“家そのもの”だった!【東京アウトドアショー2022】

  • 筆者: 遠藤 イヅル
  • カメラマン:島村 栄二・アールシーコア
画像ギャラリーはこちら
2022年1月14日(金)~16日(日)に、幕張メッセホール11にて開催される「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」。世界最大級のカスタムカーイベント「TOKYO AUTO SALON 2022」との併催ということもあり、注目を集めている。アウトドアシーンを彩るファッションやキャンプギア・雑貨だけでなく食やライフスタイル、乗り物など様々なジャンルのブランドやメーカーが集まる、アウトドアフリークには注目のイベントだ。

アウトドアとクルマは切っても切れない関係にあることから、クルマ関係の出展も多い。そこで「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022」に展示されたクルマ・バイクをピックアップしてお送りしよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 妄想が膨らむ! ログハウスで有名なBESSの “走るログ小屋” 「IMAGO」
  2. クロカン四駆でけん引可能なサイズの「IMAGO iter(イーテル)」も設定
  3. もはや「家」そのものにしか見えない! 自分好みに塗装するのも楽しそうだ

妄想が膨らむ! ログハウスで有名なBESSの “走るログ小屋” 「IMAGO」

「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022」の会場に行くと、ひときわ大きなログハウスが置かれていて驚くことだろう。これは、ログハウスや都市化型木の家など、自然の木をふんだんに使った家をプロデュースするBESSが持ち込んだ「IMAGO(イマーゴ) X」というトレーラーハウスだ。

BESSでは、主力商品となる5種類の家だけでなく、約10平方メートルサイズのログ小屋「IMAGO -R(イマーゴ レセプター)」「IMAGO-A(イマーゴ アクティベータ)」をラインナップしている。

このシリーズの一員となる「IMAGO X」(展示車両)は、「走るログ小屋」というコンセプトで開発されたもの。

小屋部分は全長約5.6m・全幅約2mで面積は11.27平方メートル。約7畳に相当する。

小屋と堅牢なシャーシはボルトでしっかり組み付けられ、サスペンションや電磁ブレーキによって、安定した走行を可能とした。

ログハウスを建てる時は、設置条件に左右されたり、住宅に関する法律での縛りが出てしまうことがあるが、トレーラーハウスでは車両扱いとなるため、通常の建築物より設置の自由度が高まる。

例えば商業利用なら季節に応じて好きな場所に移せる移動式コテージ・移動式の店舗・サービスなどに。

個人ユースなら、農業を営む人がレストハウスを建てたいが農地には小屋が立てられない時など、アイデア次第で様々に活用できるのだ。

クロカン四駆でけん引可能なサイズの「IMAGO iter(イーテル)」も設定

さらに走るログ小屋には、もう1種類の「IMAGO iter(イーテル)」も用意される。「IMAGO X」は20フィートクラスでかなり大きく、牽引するクルマも限られてしまうのだが、「IMAGO iter」は12フィートクラスのため、「ランドローバー ディフェンダー」などでも対応できるとのこと。

「IMAGO iter」には幌屋根タイプと木製屋根タイプの2種類を設定する。なおどちらも牽引して運転する際は、牽引免許が必要となる。

もはや「家」そのものにしか見えない! 自分好みに塗装するのも楽しそうだ

展示されていた「IMAGO X」の外観は黒で塗装されていたが、基本的には「IMAGO iter」を含め無塗装でユーザーに引き渡されるとのこと。好きな色に塗ることで、自分だけのログ小屋にできるのは楽しそう!

なおオプションとして、あらかじめ塗装をしてもらうのも可能とのことだ。

走る居住空間としてキャンピングカーの車内には、多少なりクルマの雰囲気が残る。でもトレーラーハウスは、一歩足を踏み入れたら「完全にログハウスの中」で、これが移動するとはとても思えない!

小屋が移動するという自由を、会場で体感してみてはいかがだろうか。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二・アールシーコア]

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる