新型XVはスバルAWDの原点に!“スポカジ”スタイルでも実力は本格SUV

新型XVはスバルAWDの原点に!“スポカジ”スタイルでも実力は本格SUV
スバル 新型XV スバル 新型XV スバル 新型XV スバル 新型XV 画像ギャラリーはこちら

今やベース車のインプレッサを超える人気の“スバルXV”

スバル 新型XV

次世代スバルの要となる「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」と「ダイナミック×ソリッド」を全面採用第2弾となるスバルSUVシリーズの末っ子、新型“スバルXV”。

元々は欧州や中国からのリクエストから生まれたモデルだったと言うが、導入するとスバル自身も驚くほどの人気を博し、今やベースのインプレッサを超える販売台数を誇る基幹車種へと成長した。そんな新型について、開発責任者の阿部一博氏はこのように語る。

「昨今、各メーカーから様々なクロスオーバーSUVが登場していますが、XVの属するCセグメントはタウンユースを意識したモデルが多いです。もちろん、新型は都会的でも映えるデザインを採用していますが、機能の部分はオンロードからラフロードまで道を選ばないスバルSUVの名に恥じない走破性を備えています」。

>>スバル 新型XVを写真でチェック(画像35枚)

“スポカジスタイル”を強調するためフロントを専用デザインに!

スバル 新型XV

エクステリアは従来モデルモデルで好評を得た「スポーツカジュアルスタイル」をより強調させるために、フロントマスクは専用デザインとなった。

デザインのキーマンである石井守氏は、「従来モデルはインプレッサと同じ顔つきでしたが、新型はグリル周りのバランスを変えています。インプレッサのより低く見せるデザインに対して、XVはより力強さと安心感を強調させています。グリルは一般的にはメッキなどで加飾するケースが多いですが、今回は下部のクラッディングと同じシボを用いています。これによりセンターの“六連星”を守り、より際立たせる印象を与えています」。

一方、サイドはクラッディングとキャラクターラインの角度を合わせることで動きがより洗練された印象を受ける。

「全幅を1800mmに抑えたかったので、従来モデルよりクラッディングの幅は狭いですが、視覚的には張り出して見えるような工夫をしています。ホイールは従来モデルのデザインが好評でしたので、踏襲しながらもより進化させたデザインに仕上げています。タイヤは1サイズアップしましたが、サイドウォールが薄いとSUVらしく見えないので、フォレスターと同じ225/55R18を選択しました」(石井)。

新色『クールグレーカーキ』は戦闘機をイメージ

スバル 新型XV

ちなみにボディカラーは『サンシャインオレンジ』と『クールグレーカーキ』が新色となっている。

「オレンジは従来モデルのメインカラーとして設定しました。ある意味チャレンジだったのですが、予想以上に受け入れられ“XV”の特徴の1つとなりましたので、より鮮やかさを目指しました。クールグレーカーキは新たな提案ですが、従来モデルに設定したデザートカーキは戦車の迷彩色をイメージしていたのに対し、同じ迷彩色ですが戦闘機をイメージした色です。どちらもマットブラックのグラッディングとのコンビネーションが最も映えるトーンとなっています。

クールグレーカーキをデザインチームから提案を受けた時、サフェーサーみたいな色だと思っていましたが、実際に見ると非常にXVのデザインにマッチしていました。従来のデザートカーキは仕向け地を選ぶ色でしたが、今回はどの仕向け地でも受け入れられると思っています。私も購入時にはこの色を選ぶ予定です!」(石井)。

インテリアはインプレッサと大きな違いはない

スバル 新型XV

インテリアはインプレッサから大きな変更はないが、XVの特徴となっているオレンジステッチを効果的に用いるのと、通気性の良い表皮と濃度の異なるグレーを使用したシートによりXVらしさを強調させている。

「実はエクステリアにもディーラーオプションで、オレンジのワンポイントが追加できるようにしています。クールグレーカーキとの組み合わせだと、昨年のジュネーブショーでお披露目したコンセプトモデルに近いイメージになると思います」(石井)。

乗ると『アイポイントの高いインプレッサ』

走りの部分に関してはどうだろうか?

「従来モデルは『SUVにしてはいい走り』というみなさんの評価でしたが、新型は『SUVであることを言い訳にしない走り』を目指しました。実は従来モデルは元々クロスオーバーSUVを想定したプラットフォームではなかったのですが、SGPはクロスオーバーSUVも想定したジオメトリーや設計が盛り込まれています。

実際に乗ると『アイポイントの高いインプレッサ』だと感じると思います。それでいながら220mm(日本仕様は200mm)のロードクリアランスとX-MODEにより悪路走破性の高さを備えているので、ある意味不思議なフィーリングかもしれません」(阿部)。

>>スバル 新型XVを写真でチェック(画像35枚)

XV初の1.6リッターも設定

スバル 新型XV

日本仕様のパワートレインではインプレッサと同じく1.6リッター/2リッター(直噴)+リニアトロニックの組み合わせとなる。

「1.6リッターはXV初の設定となりますが、クロスオーバーSUV初心者のために戦略的なプライスにしています。将来的には電動化を含めたパワートレインの採用も検討している最中です」(阿部)。

安全性能に関してはSGP採用による走行安全や衝突安全の大幅レベルアップはもちろん、アイサイト(バージョン3)やスバルリアビークルディテクションなどの予防安全、ステアリング連動ヘッドランプやハイビームアシストなどの0次安全などはインプレッサと一切変わらない。

スバルのAWDは東北電力の要請から生まれたのは有名な話だが、その時の性能要件は『ジープ並みの性能』と『乗用車並みの走行性能/快適性』の両立だった。

そういう意味では、「インプレッサと変わらない走り」と「本格SUV並みの悪路走破性」を兼ね備えた新型XVは、スバルAWDの原点に立ち返ったモデルと言ってもいいのかもしれない。

[Text:山本シンヤ]

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スバル インプレッサXVの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル インプレッサXVのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル インプレッサXVの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル インプレッサXVの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル インプレッサXVのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる