三菱 コルト ラリーアート Version-R 試乗レポート

三菱 コルト ラリーアート Version-R 試乗レポート
画像ギャラリーはこちら

過激なコルト「ラリーアート・バージョンR」

三菱のコンパクトカー、コルトは02年11月にデビューした。新コルトは軽快な走りと、クリーンなスタイリングで、ファンを確実に増やしていった。しかし、三菱といえば、やはりエボリューションモデル。当然、コルトにもスポーツバージョンの追加を望む声が寄せられていた。

そこで04年10月に1.5Lターボエンジン+専用サスペンションの「ラリーアート」モデルがラインナップしたのだ。ところがラリーアートが出ると、もっと過激なコルトがほしいという声が出たのだ。

06年5月。ついにラリーアート・バージョンRが追加された。これまでのラリーアートよりもさらにハイパワーエンジンを搭載し、ボディにも改良を加えたこのバージョンRは、40~50代のかつての走り屋たちの心をとらえたのだ。彼らにとって200万円以下のスポーツコンパクトはかなり魅力的に見えたのだ。

ノーマルタイプとは、見た目も中身も違う“バージョンR”専用仕様

ボディサイズはノーマルのコルト5ドアよりも全長は40mm長く、全幅も15mm拡大された。全高は15mm低い。

エクステリア、インテリアもバージョンR専用仕様だ。

まずエクステリアではフロントバンパー下の開口部が大きくなり、エアダム効果も高められた。さらにボンネットフードの開口部も大きくなった。これはパワーアップしたエンジンへの冷却効果を高めるためだ。ボディサイズに回りこむと、前後のフェンダーにブラック塗装のオーバーフェンダーが装着されているのが目に入る。ラリーアートバージョンの185/55R15タイヤから205/45R16にサイズアップされたタイヤをカバーするためのオーバーフェンダーだ。リアゲートのスポイラーも大型化された。

インテリアもペダル類はアルミプレート。シートはスポーツシートを標準、レカロをオプションに設定するなど、スポーツ色を強くしている。

ワインディングでわかる性能

パワーユニットは4気筒1.5Lターボだがラリーアートバージョンよりも7馬力パワーアップし、154馬力を発生する。5速MT車はトルクも3.1kg- mアップし21.4kg-m。CVT車は18.3kg-mに抑えられている。どちらのエンジンも排ガス低減レベルは三ツ星だ。

5速MTはヨーロッパで販売されているターボモデルに使用されているゲトラグ社製のミッションを使用。レースにも耐えられるスペックだ。5速MT車はスピードメーターも240km/hスケールになる。1.5Lターボは2000回転をオーバーするあたりからトルクが盛り 上がる。クラッチペダルはやや反発力が強い。このバージョンRを楽しむのにはワインディングがピッタリ。タイトコーナーではアクティブスタビリティコントロールが、FF車のリードコーナリングを助けてくれる。ブレーキ性能もスポーツ走行向きだ。

CVT仕様は6速マニュアルモードを使えば、MT車よりもスポーティドライビングを楽しめる。

MTモデルとCVTモデルが同価格

コルトラリーアートバージョンRの車両価格は197万4000円。これは5速MTと6速ATともに同じだ。

この価格設定は、かなり迷ってしまう。MTとATが同じで、しかもどちらも走りの楽しさを味わえるからだ。

MT車は、モータースポーツの世界では名門のゲトラグ社製のミッションとザックス社製クラッチを使用するという本格的な組み合わせが魅力。マニュアルミッションのダイレクトなトルクフィーリングを味わえる。さらに5MT車にアクティブスタビリティコントロールも組みこまれている。これはタイトコーナーでは FF車に有利だ。

しかし、クラッチペダルなしの6速ATもマニュアルシフトができるので、こちらも走りを楽しめる。とくに左足でブレーキングするテクニックを身につければ、その走りはさらに俊敏になり、おもしろいのだ。

どちらも魅力的だが、バージョンRということで、5速MTをすすめたい。

この記事の画像ギャラリーはこちら
石川 真禧照
筆者石川 真禧照

1947年東京都生まれ。1970年日刊自動車新聞社入社。翌年同社退社後、フリーの自動車評論家となる。1982年「I.W.OFFICE」を設立し、自動車を中心としたメディア活動を開始。「自動車生活探検家」として、『GORO』『DIME』(小学館)、『HOT DOG PRESS』(講談社)、『カーセンサー』(リクルート)など多数のメディアで活躍、現在に至る。日本モータースポーツ記者会会員。日本自動車ジャーナリスト協会副会長。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

三菱 コルトの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 コルトのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 コルトの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 コルトの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 コルトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる