三菱コルト 試乗レポート(1/2)

三菱コルト 試乗レポート
三菱コルト 三菱コルト 三菱コルト 三菱コルト 画像ギャラリーはこちら

コルトも遂に超プチハイブリッド化!?

三菱コルト
三菱コルト三菱コルト

デリカD:5と同時に、コンパクトカーのコルトとコルトプラスもマイナーチェンジを受けた。ただし、内容は全く違っていて、スバリ細かな燃費改善によるエコカー減税対策だ。

まずはメインとなる1.3リッターのFF仕様が、オルタネーター回りの新しい発電制御の導入と、オルタネーター自体の効率アップなどにより平成 22年度燃費基準+25%を達成し、75%軽減のエコカー減税が受けられるようになった。

さらに1.3リッターの4WD仕様と、コルトプラスの1.5リッターの一部グレードが、点火プラグ等の変更により燃費をリッター0.2km程度改善させたのだ。

一方で、1.5リッターしか搭載してなかったコルトプラスに、新仕様の1.3リッターエンジンを搭載。コルトと同じく75%軽減のエコカー減税が受けられるようになったことなどが今回の変更点だ。

今の自動車の販売現場は、まさにエコカー減税ありきで、これらがなければ「買う対象にすらならない」。コルトシリーズも背に腹を変えられないわけだ。

ちなみにメインとなる「発電制御の導入」だが、いままでより減速時にオルタネータに多くの負荷をかけて発電することにより、加速時やクルージング時の発電負担を減らすことができ、燃費を改善できるというもの。つまり、エネルギー回生の度合いをより高めるわけで、考えようによっては“超プチハイブリッド化”といえなくもない?

そのほか抗アレルゲンアイテムを満載した特別仕様車「Clean Air Edition」を新たに発売したり、消費税込みで100万円以下の超激安「Limited」仕様も再び設定した。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
小沢 コージ
筆者小沢 コージ

横浜市出身。バラエティ自動車ジャーナリスト。自動車メーカー、「NAVI」編集部員を経てフリーに。現在、雑誌やネットに多数連載。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

三菱 コルトの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 コルトのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 コルトの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 コルトの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 コルトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる