新型CX-50、タフさを感じさせる力強いデザインが好印象!「CX-60やCX-80にも期待が高まる」の声も【みんなの声を聞いてみた】

画像ギャラリーはこちら
2021年11月16日(火)、マツダは北米向けの新型クロスオーバーSUV「CX-50」を世界初公開した。新型CX-50は、同社が2022年から導入予定している5車種の新型クロスオーバーSUVの第1弾モデル。現在のところ、日本市場への導入予定はなく、北米市場を意識したアウトドアライクなデザインや走行性が取り入れられている。

いよいよ動き出した、マツダの新型クロスオーバー商品群。その第1弾モデルに対し、クルマファンなどはどう捉えているのか? ここではSNS上で挙げられているみんなの声を紹介していく。

目次[開く][閉じる]
  1. 熟成を重ね進化する魂動デザインにアンチも好印象を抱く
  2. ガソリンエンジンの評価は高いが、気になるのはやはりハイブリッドモデル
  3. 新型CX-50の日本導入を望む声も

熟成を重ね進化する魂動デザインにアンチも好印象を抱く

CX-30などと同じく、同社のスモールラインナップに属する新型CX-50。

エクステリアでは、SUVらしい存在感やグラベルなどの悪路での走行性能が求められる北米市場に向け、オフロードでも安心な最低地上高を確保。前後バンパーのスキッドプレートや、樹脂製フェンダーなどボディ各所でタフさを感じさせるパーツが装着されている。

新型CX-50のデザインに関してSNS上では、

「単純にカッコいい」

「マツダのデザイン凄いな!」

「マツダはこういった力強いデザインもできるじゃん!」

「デザインでマツダに敵うメーカーはいないのではないか」

など絶賛する声が多く挙がっている。中でも、

「最初の頃は魂動デザインが好きじゃなかったが、洗練されてきた感じがして今は好感が持てる」

「今までの優美でしなやかさを感じるデザインとはまた違い、力強い感じあって良いデザインだと思う」

といった、魂動デザインの進化を挙げる声もみられた。また、これまで“どれも同じデザイン”と一部で揶揄されることもあった魂動デザインだが、熟成が進むにつれそれまでの評価を改め、新たにファンになる人も増えていっているようだ。

ガソリンエンジンの評価は高いが、気になるのはやはりハイブリッドモデル

新型CX-50では、ガソリンターボの「SKYACTIV-G2.5T」とガソリンエンジンの「SKYACTIV-G2.5」をパワートレインに設定し、全車で「i-ACTIV AWD」が搭載され4WDモデルとなる。

エンジンに関しては、

「SKYACTIV-G2.5Tはあまり知られてないけど、とても良いターボエンジン」

といった声がある中、やはり注目は、

「全く謎のハイブリッドが気になる」

「噂の直6エンジン+24Vマイルドハイブリッドが載るのか?」

など追加予定のハイブリッドモデルに集まっている。新型CX-50では近い将来、ハイブリッドを含めた電動パワートレイン車も設定される予定となっており、日本導入予定のCX-60やCX-80を占う上でも注目が集まっているようだ。

新型CX-50の日本導入を望む声も

北米専用車ながら注目が集まる新型CX-50。

「日本でも十分売れそう」

「これも日本に導入して欲しい!」

など、やはり日本導入を望む声も一定数で見受けられた。そうした上で、

「日本で発売されないのが残念だが、CX-60やCX-80に期待」

「CX-50がこれだけ良さそうだとCX-60やCX-80にも期待してしまう」

「日本に導入されるCX-60がすごい楽しみ」

といった新型CX-50の出来の良さから、日本導入予定のCX-60やCX-80への期待値も高まっている。

多くの注目が集まるマツダの新型クロスオーバー商品群。新型CX-50はじめ、CX-60やCX-80などの情報が入り次第、速やかにお届けしていく。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円407.6万円
中古価格:
69.9万円2,187.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 延楽

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる